2016年08月16日15時36分

Gmailが新たなセキュリティーを導入、危険性あるサイトクリックで警告表示

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
gmail

 グーグルは8月16日、メールをより安全に利用できるようGmailに2つの新しいセキュリティー警告を表示すると明らかにした。導入は今週から。

 1つは、ウェブやAndroidでSPFやDKIMで認証できないメールを受け取った場合に、送信者のプロフィール写真や会社のロゴ、アバターの代わりに疑問符が表示されるというもの。

 2つめは、フィッシング、不正なソフトウェア、望まないソフトウェア (英語) の危険性があるサイトへ誘導するリンクが記載されたメールを受け取った場合、そのリンクをクリックすると警告が表示されるというもの。このような警告はセーフブラウジング(英語)対策の拡張機能であり、最新の各種ウェブブラウザーで利用できるとのこと。

gmail
全画面で警告が表示される

 グーグルは、警告が表示されるすべてのメールが危険とは限らないが、安全を確信できないものには十分注意することをおすすめしている。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking