2016年08月01日20時24分

グーグル、アイルランド・ダブリンに約174億円のデータセンター新設

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
アイルランド
アイルランド政府産業開発庁のマーティン・シャナハン長官

 アイルランド政府産業開発庁は8月1日、グーグルが同国のウェストダブリンにて1億5000万ユーロ(約174億円)を投じて建設したデータセンターが新たに正式開所したことを発表した。

 2012年に一度行なわれており、新たな施設は既存のデータセンターに併設する形で建造された。2階建てのデータセンターで、Google検索エンジン、Gmail、Googleマップ等のサービスを実行するためのコンピューターが収容されている。

 同施設はアイルランドの自然の寒冷気候を活かし、先進の空冷システムを用いてコンピューターを動作させている。そのため、電力要件を大幅に軽減できる省エネ型クラウドコンピューティング施設だという。

 また、グーグルのアイルランドにおける設備投資額は、2003年の進出以来、累計で7億5000万ユーロ(約870億円)を超えており、グーグル・アイルランドは現在、直接雇用と委託契約と合わせて国内の全拠点で合計6000人を雇用している。

 アイルランド政府産業開発庁のマーティン・シャナハン長官は今回のデータセンター開所を歓迎し、次のように述べている。

「グーグルの2003年のアイルランド進出当時の計画は小さなものでしたが、現在では、アイルランド最大の雇用主として、国の経済に大きく貢献しています。同社が高度な技術力を要する多数の分野でビジネスを構築し続け、優秀な人材が集まるチームを増やし続けていることは、アイルランドが競争力の高いビジネス環境および高技能人材を提供していることの証左と言えるでしょう」

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking