2016年06月23日15時00分

横浜駅が自己増殖して日本列島を覆い尽くす「横浜駅SF」カクヨム大賞、書籍化へ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
kakuyomu

 KADOKAWAとはてなが運営する小説投稿サイト「カクヨム」主催の小説コンテスト「第1回カクヨムWeb小説コンテスト」結果が23日に発表。横浜駅が自己増殖して日本列島を覆い尽くす小説「横浜駅SF」などが受賞した。

 応募作は5788作品。読者選考の結果185作品が最終選考に進み、大賞7作品、特別賞19作品が選ばれた。大賞受賞作は賞金100万円+書籍化が決まっている。大賞受賞作はジャンルごとに以下の7作品。

 槻影「誰にでもできる影から助ける魔王討伐」(ファンタジー部門)
 イスカリオテの湯葉「横浜駅SF」(SF部門)
 鹿角フェフ「僕の妹はバケモノです」(ホラー部門)
 伊丹央「ヒーローは眠らない」(現代ドラマ部門)
 ロケット商会「勇者のクズ」(現代アクション部門)
 中臣悠月「平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです」(恋愛・ラブコメ部門)
 唐間ネロ「うさぎ強盗には死んでもらう」(ミステリー部門)

 横浜駅SF作者イスカリオテの湯葉さんは生物学研究者。反ブロック崩しゲーム「人を馬鹿にしたブロック崩し」、偶然にも大手検索エンジンそっくりのUIをもつTwitterクライアント「BossKitter」作者でもある。横浜駅SF以外にも透明人間が遅刻しそうな転校生にぶつかる小説「No Reaction」などを執筆している。


関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking