2016年06月23日07時00分

アスキーの昔話からVRアダルトまで!会員限定連載やってます

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
rensai

ASCII倶楽部では会員さま限定の連載記事もお届け!

 新たな会員向けサービス「ASCII倶楽部」がスタートしました。週刊アスキー電子版がバックナンバーを含めて読み放題になったり、毎週お届けしているニコニコ生放送「デジデジ90」のアーカイブが見れたりする、IT好きの皆さまのためのサービスでございます。

 ASCII倶楽部の限定記事「倶楽部 レポート」も連載形式でどんどん更新してまいります。無料で全記事をお読みいただけるASCII.jpとはひと味違った記事をお届けしていきます。どんな連載があるのか、覗いてみましょう。

「ここでしか書けない話」がたくさん!

rensai
rensai

 連載一覧はこんな感じ。「DJコジマの作業”中”BGM」などお仕事中、通勤/退勤の息抜きになりそうなものから、「スマホメーカー栄枯盛衰」など、本気のドキュメント連載などが揃っています!

 ASCII.jpは無料で読めるのに、ASCII倶楽部の会員限定記事はどんなにいいものなのか? とお考えの読者さま、ちょっとだけ記事の内容をお見せします!

rensai

 こちらはプロカメラマン岡田清孝氏と、週刊アスキーの編集長宮野による連載「写真機≪カメラ≫の深みにハマれ」。連載第一回の記事を覗いてみます。

rensai

 この夏カメラを買うとしたら? の質問に対し、岡野氏が「この夏は買うものがない」とばっさり。日々新しいカメラの情報を掲載しているウェブ媒体としては、ギリギリ感のあるセリフですが、その真意はどういうことなのか? 続きが気になります。

rensai

 こちらは「いまだから話せる、あの頃のアスキー」の第一回。アスキー界隈でかつてあった面白エピソードから、会員さま限定記事だからこそ言えるきわどいエピソードまで、惜しみなく披露していってしまいます。

rensai

 第一回は「ビル・ゲイツと同衾して翌朝目が覚めたら、そこは知らない会社のオフィスだった話」とあるのですが、タイトルからは何の話なのかさっぱりですよね。アスキーはかつてマイクロソフトと提携していた歴史があるのですが、第一回ではその頃の珍エピソードを紹介しています。

rensai

 もうひとつくらい紹介してみましょう。週刊アスキーの「ジサトラ」でもおなじみの編集部ハッチによる「VRアダルト最前線」。「VRアダルティスト」を自称する彼が、独自の切り口でVR×アダルトの動向をお届けします。

rensai

 第一回、どんな記事だろう? そう思って開いてみたところ、序盤からVRとアダルトに対する熱い長文が載っています。普段の記事ではお見せできない考察、お見せできなかった業界事情が盛りだくさんなのです。

 ASCII倶楽部に入会していただければ、会員さま限定の連載「倶楽部 レポート」もすべて読み放題です! 連載の続きはぜひ入会して確かめてみてください!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL http://ascii.jp/asciiclub/summary/

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking