2016年06月07日11時00分

4Kテレビは40型が狙い目

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 衝動買いは人類の本能、週刊アスキーでございます。週刊アスキー電子版、6月7日発売の1081号は「逸品デジギア完全購入ガイド」特集。お買い物シーズンに買うべきものをドバーッ!!!!と集めてきました。

 パソコン、テレビ、Ultra HDブルーレイ、無線LANルーター、CPU、GPUなど濃いめの自作パーツまで。Computexで盛り上がったBroadwell-Eどれ買うべきか迷ってる人の背中を崖に向かって押します。一緒に買えば怖くない。

 今日は特集から4Kテレビについての記事を抜粋。いまアスキーは4Kテレビなら20万円以下で買える40型が狙い目と見ています。中でも特にほしい2台を比較しました。きれいなテレビで見るガルパンはいいぞ。また来週。


パーソナルサイズでも4Kテレビが当たり前に

 2016年夏の薄型テレビのトレンドは、ズバリ4K。以前は3840×2160ドットの4K解像度を生かすには50型オーバーの大型テレビが最適とされていたが、2016年夏のメーカー各社のラインアップは40型~75型と、4Kで40型までカバー。高画質テレビを選べば解像度はほぼ4Kという状況だ。

 課題とされてきたコンテンツの不足も克服されつつある。すでに衛星放送の『スカパー! 4K』が映画、スポーツ、音楽の商業放送をスタートしており、昨年秋からは『Netflix』『Amazonビデオ』などネット動画配信もテレビ向け4K配信をスタート。今やネット回線と月額料金のみでネイティブ4Kの作品を試聴できる環境が整いつつある。加えて、海外で先行販売されていた4K再生可能なBlu-ray『UltraHD Blu-ray』のハリウッド映画タイトルが6月より登場するなど、番組・作品の4K対応が急加速しているのだ。

 薄型テレビ全体のトレンドは4Kと共に映像の輝度を拡大する『HDR』(ハイダイナミックレンジ)へとシフトしているが、2016年夏モデルであればネット配信、HDMIからの信号入力で対応するので心配なし。高画質にこだわるなら、パーソナルサイズでも4Kの機種を選ぶのがオススメだ。

東芝「REGZA 40M500X」
実売価格 17万円前後(6月下旬発売予定)

001

画面フレーム内に前面に向けたスピーカーを配置した「レグザダイレクトオーディオシステム」を採用。レグザサーバーと接続して「タイムシフトマシン」にも対応する。また、カラバリとして4K初のホワイトモデルをラインアップ。

●スペック
サイズ/パネル40型VAパネル(3840×2160)
チューナー地上×3、BS/CS×3
HDMI端子HDMI×4
スピーカー20W(10W+10W)
対応ネットサービスNetflix、ひかりTV、dTV、アクトビラほか
サイズ/重量903(W)×178(D)×551(H)mm/13kg


パナソニック「TH-40DX600」
実売価格 15万3000円前後

001

同社の4Kビエラエントリーシリーズの40型モデル。2K放送も4Kの画質にアップコンバートする「4Kファインリマスターエンジン」を搭載。「Firefox OS」を採用することで音声検索などネット連動のスマート機能にも対応。

●スペック
サイズ/パネル40型VAパネル(3840×2160)
チューナー地上×2、BS/CS×2
HDMI端子HDMI×3
スピーカー30W(15W+15W)
対応ネットサービスNetflix、Amazonビデオ、ひかりTV、dTV、アクトビラほか
サイズ/重量904(W)×235(D)×567(H)mm/14kg


【評】パナソニック「TH-40DX600」
合計13点

ライター 折原一也

5点。4Kらしい画質をマジメに作り込んだ小型テレビ。特に、映画のBD再生時の映像スケールの良さが圧倒的に良く、好印象。『Netlifx』『Amazonビデオ』といったインターネット動画配信系コンテンツと相性が良いのも、個人的には◎。

アスキー編集部ショータ

4点。画質的には強い特徴がなくフラットな感じで、コントラストの強いシーンも飛びや潰れがなく見やすい。音質は可もなく不可もなく。大画面に写真や動画を映せるスマホ連携機能は、リビングTVとして使うなら家族で楽しめていいかも。

アスキー編集部 カクッチ

4点。デザインがスッキリしていて、スピーカーの傾向はやや低音が弱めに感じた。映像の傾向はマイルドで、映画好きなので好み。D4映像入力があるのも好きだが、ノートPCのHDMI出力でスケーリングが一発で合わないなど気になる点も。

【評】東芝「REGZA 40M500X」
合計14点

ライター 折原一也

4点。4Kテレビとしてスタンダードな画質と共に、音が籠もらずクリアに鳴らす前面スピーカーを搭載した意気込みが“買い”。録画機能を重視しているのもポイントで、外付けHDDセットを買えば録画もこれ1台で足りる手軽さがいい。

アスキー編集部ショータ

5点。画面はメリハリ感が強く、黒の締まりの良さが印象的。REGZAのお家芸であるゲームモードは、映像遅延の短縮では他メーカーの追随を許さない出来の良さだ。前面に配置されたスピーカーも臨場感を高めてくれ、エンタメ向きな印象。

アスキー編集部 カクッチ

5点。HDMI入力4基を備え、一発でPC画面もピタっとスケーリングされるなど、外部機器と親和性が高い印象。スピーカー部がしっかり露出しており、低音のアタック感も好み。コントラストが高い感じでPS4などゲーム機を接続したくなる。

※REGZA 40M500Xの検証は試作機で実施したため、製品版と異なる場合があります


ascii

【表紙】
金子理江

【速報】
HTCハイエンドにヘビデも新機種登場!!
auスマホ夏モデル10機種 実機レポート

【速報】
インテルKaby LakeやPolaris搭載のRadeonが登場!!
COMPUTEX TAIPEI 2016 レポート

【ASCII.jp NEWS】
1週間のトピックがぐるっとまるわかり!!
5つのセンサーを搭載したフルHD対応の無線カメラ/話しかけられた声を文字化見守りロボに新機能/電子ペーパーディスプレーのフルカラー技術を発表/スマホを感圧タッチ液晶化する技術を開発   ほか

【NEWSROOM】
台湾のIT見本市COMPUTEXでロボ発表、流行映す展示の変化

【特集】
超ハイエンドCPU Broadwell-Eに怪物GeForce GTX1080、
4KテレビからPC、ルーター、レコードプレーヤーも買いたい?!
逸品デジギア完全購入ガイド

【連載】
最強ゲーム機スマホを256 倍楽しむ!
週アスGameReview
Goat Simulator Waste of Space

【連載】
ジサトラ
コアi史上最多の10コアCPU発売!

【連載】
今週のグルメ
390円でぎょうざ食べ放題! 神田「炎麻堂」太っ腹プロジェクト

【連載】
今週のグラビアDVD
碧風歌 鈴原優美

【連載】
Windows情報局
ウィンドウズ10のゴッドモードを発動!

【連載】
Apple情報局
文章作成が超快適になる「ATOKインサイト」

Amazon Kindleストアで購入
取扱電子書店一覧

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking