2016年06月03日19時50分

東プレのゲーマー向けキーボード「REALFORCE RGB」試作機がスゴい

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Realforce

 高級キーボードの「REALFORCE」ブランドを展開する東プレが、COMPUTEXの南港会場に設けたブースにて、今年発売予定のゲーマー向けキーボード「REALFORCE RGB for Gamer」を展示中だ。

Realforce
「REALFORCE RGB for Gamer」の試作機。なんとかCOMPUTEXに間に合わせたため、世界で2台しかないとのこと
Realforce
Realforce
ソフトウェアにより、キー入力の深さを1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で切り替え可能。プレイするゲームジャンルにあわせ、最適な深さを選べるのは便利そう

 REALFORCE RGB for Gamerは、従来製品と同じくキースイッチに静電容量無接点方式を採用し、押下圧は45g+/-15g。特筆すべきは、ソフトウェア制御によりキー入力の深さを1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で切り替えられる点だ。プレイするゲームのジャンルや好みによってキー入力の深さを変えられる、「よりユーザーフレンドリーな製品を目指してこの形式になった」とのこと。

Realforce
海外展開されていたゲーマー向けモデル「TYPE HEAVEN」に比べ、コンパクトに
Realforce
底面の滑り止め用ゴムがやや長く取られており、本体の重さも相まって安定感は高い

 サイズはおよそ幅455×奥行き142×高さ30mmで、重量は約1.4kg。キーボードとしてはかなり重量級だが、底面の滑り止め用ゴムを従来製品より大きくし、さらに安定感を高めている。ケーブル長は1.5mmで、底面にはマネジメント用のスリットを設けるなど、ケーブルの取り回しにもしっかり配慮している。

Realforce
最大1680万色のLED発光に対応。高品質なLEDを採用しているとのことで、非常に発色がいいのが印象的だった
Realforce
ソフトウェアは開発中のもので、製品版はよりゲーミングらしいUIになるとのこと
Realforce
Realforce
キーボードショートカット機能でLEDのカラーやパターンを変えられる。カスタムプリセットをあらかじめ設定しておき、呼び出すことも可能

 LED発光機能は1680万色に対応し、ソフトウェアやキーボード上のショートカットから発光パターンやカラーの変更が可能。高品質なLEDを使用しているとのことで、発色は一般的なゲーミングキーボードよりも良好に見えた。

Realforce
Cherry MX軸用のキートップと互換性があるため、カスタマイズがより容易になる。こだわり派のユーザーには嬉しい仕様だ

 加えてこだわり派のユーザーに嬉しいのが、静電容量無接点方式ながら「Cherry MX」用キートップとの互換性があること。一般的なメカニカルキーボードで圧倒的な採用率を誇るCherry MX軸は、交換用キートップも様々なメーカーから販売されている。WASDキーの色変更など、キーボードを自分好みにカスタマイズしているゲーマーは多いため、この仕様は広く受け入れられそうだ。

 気になる発売時期だが、今年末には英語配列仕様の製品をリリースし、日本語配列仕様は来年の早い時期に登場する見込みだという。REALFORCEファンのPCゲーマーは、今から期待に胸を膨らませて待とう。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking