2016年05月17日10時00分

デノンが「DTS:X」レディーのエントリーAVアンプを発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
デノン
「AVR-X2300W」

 デノンは5月17日、エントリー向けAVアンプ「AVR-X1300W」(税抜希望小売価格 5万7500円)とミドルレンジAVアンプ「AVR-X2300W」(同 8万5000円)を発表した。ともに6月中旬発売予定。

デノン
「AVR-X1300W」

 X1300Wは175Wの7chアンプを搭載し、HDMIは入力×6、出力×1を装備。X2300Wは185Wの7chアンプを搭載し、HDMIは入力×8、出力×2を装備する。HDMIは全端子で4K(HDCP2.2)、HDRなどに対応し、オブジェクトオーディオ技術の「Dolby Atmos」の再生が行なえるほか、7~8月頃提供予定のファームウェアアップデートで「DTS:X」にも対応する。

デノン
X1300Wの背面。HDMI入力は背面に5つ、フロントに1つ搭載されている

 どちらも新たにネットワーク経由での5.6MHzのDSD再生(PCM変換)が可能になったほか、無線LANは2.4/5GHz帯の両方に対応。iOSやAndroid、Kindle Fireに対応する新しいリモコンアプリ「Denon 2016 AVR Remote」の利用もできる。

 このほかの基本スペックは従来通りだが、内部的にはDAC経路の出力のフィルターを改善するなど、主にデジタル処理部分で見直しが図られている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking