2016年05月10日13時00分

ステレオ再生に目覚ましなど新搭載! ソニーLED電球スピーカーの新モデル

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ソニー
LED電球スピーカー「LSPX-103E26」

 ソニーは5月10日、LED電球スピーカー「LSPX-103E26」を5月21日に発売すると発表した。予想実売価格は2万6000円前後。

 2015年5月に発売されたBluetoothスピーカー内蔵LED電球の後継機種で、従来と同じく照明用のE26口金に装着できる。

ソニー
左が新モデル、右が新旧モデル

 従来モデルは発光部が透明のカバーで覆われていたが、新機種は乳白色となり光の拡散率が向上。また、LEDのパーツや配置、光学特性を見直すことで、明るさが従来の360ルーメンから500ルーメンに向上している。

ソニー
ソニー
カラー点灯が可能。音楽で色が自動で変わるような機能も搭載
ソニー
ソニー
付属のリモコン。NFCに対応する

 また、新機種は192色のカラー点灯を実現。付属のリモコンや専用スマートフォンアプリから色の変更ができる。

 さらに、再生する音楽と連動して色が変化する機能も搭載。暖かい感じや冷たい感じなどのおおまかな雰囲気選択が可能なほか、色の変化するタイミングをリズムやボリューム、時間など細かく調整できる。

 スピーカーは40mmのフルレンジスピーカーを新たに開発し、高音域の再現性を向上。また、スピーカーボックスの容量もアップしており、音の抜けや広がりも改善しているという。

ソニー
電球の必須表記項目はこんな感じで書かれている

 このほか、本機を2台組み合わせることでステレオ再生も可能。スマホアプリとの連動でスリープタイマー/目覚まし機能も利用できる。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking