2016年02月22日12時15分

パーツ交換で機能拡張もできる「LG G5」と魅力的な360度カメラやVR機器:MWC2016

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
LG
例年よりも大きな会場と使って発表会を行なうLGエレクトロニクス

 LGエレクトロニクスは2月21日、バルセロナで開催されるMWC 2016の関連イベントとして、プレスカンファレンスを開催。同社のフラグシップモデル「LG Gシリーズ」の最新モデル「LG G5」とその関連製品を発表した。

 今回、LGエレクトロニクスのプレスカンファレンスは「Play More」をテーマとしており、プレゼンテーションの動画もマンガのコマや吹き出しを模した楽しい雰囲気。スマホを使って、おもしろい試みにチャレンジしようという意識が感じられた。

パーツ装着で機能拡張ができる「LG G5」

 発表されたLG G5は、丸みを帯びたデザインにGシリーズらしさは見られるモノの、本体素材にメタルを用いるなど、大きな変更が加えられている。

 さらに特徴的なのが、本体下部が取り外しでき、バッテリーも交換可能になっていること。本体カラーはシルバー、チタン、ゴールド、ピンクの4種類。

LG
ディスプレーサイズは5.3インチ(1440×2560ドット)
LG
背面には指紋認証機能対応の電源ボタンとデュアルカメラレンズを登載
LG
本体下部を外して、バッテリーを取り出した状態

 本体下部の取り外し可能なパーツは、バッテリーの単なる蓋としての役割だけでなく、拡張機能を持たせた別売のパーツの装着も可能となっている。

 たとえば「LG CAM Plus」は、カメラ機能を拡張できるパーツ。シャッターボタンのほか、ダイヤル式のズームアウト・インやカメラ機能起動ボタンなども装備している。また、装着した部分に厚みが増すことで、グリップとしてしっかりホールドできるようになり、カメラらしい使い方ができる。

LG
LG CAM Plusを装着したLG G5。追加バッテリーも内蔵している
LG
シャッターボタンやズームダイヤルが追加される
LG
LG CAM Plusも標準パーツと同様USB Type-Cを採用

 アタッチメントパーツは、そのほかB&O(Bang & Olufsen) Playの32ビットDACチップを装備した「LG HiFi Plus」もラインアップ。高音質でハイレゾ音源が楽しめる。

LG
LG HiFi Plusを装着することで、384KHzまでの音源に対応する

 本体背面のカメラレンズはそれぞれ画角が違っており、通常は1600万画素のカメラレンズを使用するが、広角で撮影したい場合は、画角が135度で800万画素のもうひとつのカメラレンズを使用。状況に合わせた構図にできるほか、両方のレンズで撮影した画像を合成する機能も装備している。

LG
1600万画素と800万画素、2つのレンズを装備している

 ディスプレーは「Always-on Display」で、端末をスリープ状態にしていても、日付や時刻の表示が可能。Always-on Displayでの表示に必要なバッテリーは、1時間で0.8%と少ないので、スタミナは問題なし。

LG
Always-on Displayでの表示状態
LG
本体左側面下部のボタンを押すとロックが解除され、パーツの取り外しが行なえる

 そのほか公開されているSPECは下記のとおり。

 LG G5
ディスプレー5.3型液晶
画面解像度1440×2560ドット
サイズ73.9×149.4×7.7mm
重量159g
CPUSnapdragon 820
(2.15GHz+1.6GHz、クアッドコア)
メモリー4GB
ストレージ32GB
外部メモリーmicroSDXC(最大2TB)
OSAndroid 6.0
カメラ画素数リア:16メガ(メイン)、8メガ(広角)/イン:8メガ
バッテリー容量2800mAh
カラバリシルバー、チタン、ゴールド、ピンク

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking