2016年02月08日15時00分

日立、事前予約で待ち時間を30%短縮するエレベーター

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
日立、エレベーター
行き先階入力システムの概要

 日立製作所および日立ビルシステムは2月8日、行き先階の予約入力によってエレベーター待ち時間を約30%短縮するシステム「FIBEE」を発売した。

 すでに同社が実用化しているエレベーターを効率よく運転する群管理制御システムに加え、利用者がエレベーターに乗る前に行き先階を入力するシステムを付加。出勤時間帯などの混雑時にも待ち時間を約30%短縮することができる。

 エレベーターに乗る前に利用者が行き先階を入力し、エレベーター管理システムは運行を最適化計算しつつ、利用者が乗るエレベーター番号を割り当てる。これにより、複数のエレベーターを運行する際に停止階が重複することが少なくなり運転効率が大きく向上する。

日立、エレベーター
運転イメージ

 まず行き先階を登録する必要があるが、ビルのセキュリティーゲートがある場合は入力装置として利用でき、会社のIDカードをかざしてビルのエントランスに入ればそのまま勤め先の階まで直行できるようなしくみを作ることも可能。

日立、エレベーター
行き先登録装置

 行き先階の登録装置は自立式、壁掛け式の2タイプを用意。それぞれ10.6インチのタッチパネル液晶のものと5.7インチ液晶+ボタンのものが用意され、建物のレイアウトやデザインに合わせることができる。

■Amazon.co.jpで購入

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking