2016年02月01日11時00分

安いと言われる「格安SIM」の利点や弱点を徹底解説!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

端末は自分で用意するが、ドコモ端末なら
そのまま使えるケースが多い

 ドコモやau、ソフトバンクといった大手通信会社と契約する場合、基本的には端末とセットのため、「スマホを買う=回線を契約する」というイメージが一般的だ。しかし、実際の回線契約は端末の中にセットされているSIMカードで行なっている。したがって、SIMカードを別の端末に挿し替えれば、同じ電話番号で利用することができる。

20160129sim
端末にセットされたSIMカード

 ただし、挿し替えて使えるといっても、すべての端末で自由に差し替えられるわけではない。以前は大手通信会社から販売されていた端末はSIMロックがかかっており、ドコモで購入した端末はドコモのSIM、auで購入した端末はauのSIMでしか使えなかった。

 現在は、2015年5月移行に発売された端末は、SIMロック解除が購入から180日後などの条件付きながら挿し替え可能となっている(ドコモのみ例外あり)。そのため、SIMロックを解除すれば、ソフトバンクで購入したスマホをドコモのSIMで使うことも一応は可能となった。

 ただし、各通信会社はそれぞれ“バンド”と呼ばれる利用電波帯域が異なるのがややこしい。

各通信キャリアのバンド対応表(LTE)

バンド周波数帯ドコモauソフトバンク
Band12.1GHz
Band31.8GHz
Band8900MHz
Band111.5GHz
Band18800MHz
Band19800MHz
Band211.5GHz
Band26800MHz
Band28700MHz
Band41800MHz

各通信キャリアのバンド対応表(3G)

バンド周波数帯ドコモauソフトバンク
Band12.1GHz
Band6800MHz
Band8900MHz
Band9900MHz
Band111.5GHz
Band18800MHz
Band19800MHz

 各通信会社が販売した端末は、それぞれのサービスに合ったスペックとなっているため、自社用のバンドしか対応していないものがほとんど。したがって、ソフトバンクで使っていた端末をSIMロック解除してドコモに持って行っても対応バンドが合わず、十分な性能が引き出せない可能性が高い。

 これが、大手通信会社が端末と回線契約となるSIMをセットで販売している大きな理由だ。

 一方MVNOの格安SIMの場合、基本的には回線契約となるSIMカードだけの提供がメインとなる。

20160129sim
量販店などでは格安SIMをパッケージだけで販売している

 このため、格安SIMを利用するにはSIMカードをセットする、いわるゆ「SIMフリースマートフォン」を用意する必要がある。ここで重要となるのが、上の表で説明した対応バンド。ドコモのスマホ+ドコモ系MVNOのSIMの組み合わせなら、SIMロックを解除しなくても使える。今まで使っていた端末も利用できるし、端末がない場合は中古で購入するという手もある。

20160129sim
ネットの通販などで中古端末が購入できる

 現在サービスしている格安SIMは、ドコモ回線をつかったサービスがほとんどなので、ドコモユーザーが格安SIMに切り替えるのは、意外とハードルが低い。

 注意したいのが、au回線を使った格安SIM。現在au回線を使った格安SIMサービスが「UQ mobile」と「mineo」の2社から提供されている。さらに、昨年末ごろからau回線の格安SIMは、MVNO専用のSIMカードに切り替わっている。このため、au回線を使った格安SIMでも、auの端末にSIMロックがかかっていると使えないという状況になっている。

 また、ソフトバンク回線を使った格安SIMは、今のところサービスしているMVNOはない。つまり、SIMロックのかかったソフトバンク端末を格安SIMで使うのは難しい状況だ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking