2016年01月27日13時00分

重低音&24時間駆動! ソニー「Extra Bass」ブランドのポータブルスピーカー発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ソニー
「SRS-XB3」。グリル越しに左右2つのスピーカーユニットが見える

 ソニーは1月27日、「Extra Bass」の名を冠するポータブルBluetoothスピーカー2製品を発表した。

 2月13日に発売予定の「SRS-XB3」(予想実売価格1万9000円前後)と「SRS-XB2」(同1万3500円前後)は、同社の低音重視ヘッドフォンブランド「Extra Bass」の名を冠するスピーカー。文字通り重低音を強化しており、なおかつIPX5の防水性を備えるのが特徴だ。

ソニー
SRS-XB3は3種類のカラーを用意する
ソニー
本体上面。右側に操作ボタンを配置。「Extra Bass」ボタンで低音をさらに強調する
ソニー
新開発のフルレンジスピーカーユニット

 SRS-XB3は新開発のフルレンジスピーカーユニットを搭載。48mm口径と大型で、強力なマグネットを採用することで力強い低音を実現している。また、本体中央にはパッシブラジエータ×2を前後で対向配置することで低音を増強。幅211×奥行き83×高さ80mmというコンパクトサイズながら重厚な低音再生を可能としている。

 また、新たに搭載された「Extra Bass」ボタンにより、さらに低音を強調することが可能だ。

ソニー
本体背面のカバーを開くと、オーディオ入力やAC入力、給電用のUSBポートなどがある

 そのほか、8800mAhという大容量バッテリーを搭載しており、24時間の連続再生が可能。スマートフォンなどへの給電もできる。

ソニー
よりコンパクトな「SRS-XB2」

 SRS-XB2は幅191×奥行き65×高さ62mmという、XB3よりもさらにコンパクトサイズとなっているが、同じく重低音を強化。42mm口径のスピーカーとパッシブラジエーター(×1)の採用で力強い低音再生が行なえる。

ソニー
4色のカラーを用意する
ソニー
SRS-XB2の上面。こちらにもExtra Bassボタンがある
ソニー
背面カバー内にはオーディオ入力と充電用microUSBポートを装備

 本機もExtra Bassボタンを装備するほか、バッテリー内蔵で連続12時間の音楽再生が可能だ。

 どちらも入力はBluetooth(SBC/AAC/LDAC)とオーディオ端子(有線)で、USB接続やWi-Fiには非対応となり、ハイレゾ再生も非対応となる。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking