2016年01月13日19時00分

どこかで見た伝説のヒーローに武器を売りつける経営シミュ『武器屋物語じゃが?!』:Steam

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

2016年お正月特別企画! PCゲーマーにお年玉!
1万円のSteamウォレットコードを6名にプレゼント概要はこちらから、応募期間は2016年1月14日11:59まで。)

 PCゲームのダウンロード販売サイト『Steam』から、面白いゲームを発掘して紹介するレビュー連載。第15回目は、ジャガイモ鍛冶を雇って武器屋を経営するシミュレーションゲーム『Holy Potatoes! A Weapon Shop?!(武器屋物語じゃが?!)』を紹介する。

 どうして「ジャガイモ」なのかは全くもって不明だが、とにかくこの世界の登場人物はみんなジャガイモだ。そして、ジャガイモ鍛冶やヒーローは皆どこかで見たことあるような姿形をしている。

 公式に日本語化に対応したとのことで昨年末のウィンターセールに購入したのだが、ポチポチと遊び続けてしまう面白さだったので紹介したい。

【関連記事】ASCII.jp:今年は漫画付き!? PCゲームが激安な『Steamウィンターセール』が開催|今すぐ始める!Steamの遊び方

公式に日本語対応

 ゲームを起動すると最初に言語設定が表示される。ここは迷わず“JAPANESE”を選択しよう。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 これでインターフェースやストーリーなどが全て日本語化される。インディーズゲームにも関わらず、ここまで対応してくれていることには感動を覚える。

 もしかしたら、登場するヒーローが○○○だからなのかもしれないが……。

所有権0.01%で武器屋の主に

 ゲームではプレイヤーは伝説の鍛冶職人である「バタタ」の孫となり、バタタの武器屋を継ぐことになる。

 が、なぜかその武器屋は「エージェント46」が99.9%を所有しており、プレイヤーには残り0.01%だけが相続される。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 ようするに武器屋はほぼ全部エージェント46のものということだ。どこかのたぬきのように開始早々、莫大な借金を背負わされたりしないが、エージェントから売上を取り立てられるため似たようなもんである。

武器のパラメーターはプレイヤー次第

 とは言え、愚痴を言っても始まらない。とにもかくにも、ジャガイモ鍛冶を雇って武器屋を始めよう。

 最初に雇えるジャガイモ鍛冶はローラ・クラフトだ。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam
これは「四等身?」なのかなぁ

 うん、ローラ・クラフトだ。古代の遺跡を冒険するのが趣味らしい。どこかで見たことあるような……ララ……なんちゃらだったかな?

 とにかくこのララ・クラh……ローラに武器を鍛えて貰うのだ。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 このほかにもバルク・ボーガンやラセット・ピーターズといったジャガイモ鍛冶が登場し、ローラと3人で武器を鍛えていく。

 武器には攻撃力・スピード・精度・魔力のパラメーターがあり、ジャガイモ鍛冶の職業に応じてパラメーターに上げやすい・上げにくいが存在する。それぞれに得意な鍛冶を割り当て、武器を顧客の要望通りのパラメーターに仕上げよう。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam
『武器屋物語じゃが?!』:Steam
完成時に見られる名前の由来が面白い

ヒーローに武器を売りつけてお金と評判をゲット!

 武器を鍛えたら、今度はそれを売りつけに行こう。ワールドマップの各所にはヒーローが滞在しており、彼らに鍛えた武器を販売できる。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 ヒーローたちにはそれぞれ欲しい武器があり、さらにそこから彼らのニーズにあわせて武器のパラメーターを調整することで、より高額で売れる仕組みだ。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 そして武器を販売すると、ヒーローからはお金とあわせて評価(名声)が貰える。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 売った武器が希望通りであれば高く売れるし、希望通りでなくてもとりあえずお金を巻き上げられる。とにかく、作って売りつければいいのだ。

新しい武器の開発も

 そんなこんなでゲームを進めていくと、ワールドマップで素材や遺物などのアイテムを探索できるようになる。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 ジャガイモ鍛冶にこれらのアイテムを探させ、発見後に組み合わせることでさらなる武器を開発できるようになるぞ。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 開発後の武器はパラメーターの伸びが良いため、アイテムを見つけたらなるべき早く新しい武器を開発するようにしたい。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

稼いだお金で武器屋をパワーアップ!

 こうして武器を売って得たお金は、武器の素材を購入する以外にお店のパワーアップにも使用できる。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 また、ジャガイモ鍛冶の育成にもお金が必要だ。経験は武器を鍛えることでも上げられるが、より上級職への転職にはお金が必要だ。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 さらに、新しいジャガイモ鍛冶を雇うのにもお金が必要だ。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 もちろん取り立ての支払いにもお金が必要なので、所詮この世はお金、お金、お金なのだ。死にものぐるいで稼ぐしかない。

お店をどんどん成長させよう

 そんなお金を稼ぐ毎日を送っていると、そのうち新たなワールドへ武器屋を引っ越せるようになる。

『武器屋物語じゃが?!』:Steam

 お店が広くなるので引っ越しは良いことだと思っていたら、素材代や鍛冶屋の休暇費用など諸経費がかさむようになり、目下のところ家計は火の車である。この記事を読んでいる皆さんには十分な貯蓄をしたうえで引っ越しをして欲しい。「毎月の収入でなんとかなるだろ」はゲームの世界でもダメなのだ。

 そしてこの頃になると、武器屋アワードへと招待されるようになる。このアワードではライバル店が作った武器と競い合うとのことだが、序盤では到底かなわない。彼らに競い合える日は来るのだろうか?

『武器屋物語じゃが?!』:Steam
ノミネートすらされない

 さらには、武器屋の評判を聞きつけてどこかで見たような伝説のヒーローが注文にやってきたりもする。え? 伝説のヒーローには興味ないね?

『武器屋物語じゃが?!』:Steam
雲のような名前をしてそう

 とまあ、まだまだ全部は紹介しきれていないが『武器屋物語じゃが?!』はこんなゲームだ。イベントが多く進行も早いため、テンポの良いお店経営ゲームがしたい人にオススメだぞ。

序盤を実況プレイ!

 実際のゲームの流れが気になる人のために、今回は序盤を実況プレイしてみたので興味がある人は動画でもチェックして欲しい。

推奨動作環境を満たすゲーミングPCはこちら!

ユニットコム『LEVEL∞ (レベル インフィニティ) C-Class コンパクト・ミニマムモンスター・ゲーミングPC』

つばさのSteamゲーム実況動画

『Holy Potatoes! A Weapon Shop?!』は推奨スペックが、2GHz以上(Intel 2 GHz)、グラフィックはDirectX9.0以上と非常に軽い。最新のGeForce GTX960などを搭載できるミドルクラスゲーミングPCユニットコム『LEVEL∞ (レベル インフィニティ) C-Class コンパクト・ミニマムモンスター・ゲーミングPC』なら、余裕でプレイ可能だ。

『Holy Potatoes! A Weapon Shop?!』
●Daylight Studios
●1480円(2015年7月13日リリース) ※価格は記事掲載時点のものです
対応OS Windows、Mac
ジャンル 独立系開発会社、シミュレーション
(c) DAYLIGHT STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

■著者:篠原修司
・Steamのプロフィールページ:Steam コミュニティ :: KiDD
・Twitter:@digimaga

■関連サイト

Steam×アスキー
Steam入門記事まとめ
Steam×アスキー
ジサトラ×アスキー Facebookページ
Steam×アスキー
ジサトラにご意見募集中!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking