2015年11月30日18時55分

ドコモのシニアはじめてスマホ割が復活、基本プランを最大2年間1520円/月割引

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
docomo
「シニアはじめてスマホ割」

 NTTドコモは、60歳以上のユーザーを対象に毎月の基本料金を最大1520円割引する「シニアはじめてスマホ割」などが適用となる「はじめてスマホ」キャンペーンを実施すると発表した。期間は12月4日から2016年1月31日まで。

 シニアはじめてスマホ割は、60歳以上の「ドコモケータイ」または「ドコモらくらくホン」を利用中のユーザーが、期間中にXi対応のスマートフォンへの機種変更と同時に「カケホーダイプラン」または「カケホーダイライトプラン」と、「らくらくパック」、「データパック(S/M/L)」、「シェアパック10~30」(シェアパック子回線も対象)のいずれかを申込むことで、「カケホーダイプラン」の場合毎月の基本料金が最大2年間1520円割引となる(「カケホーダイライトプラン」の場合は最大2年間850円割引)。

 また、シニアはじめてスマホ割を適用した場合、シェアパック子回線を契約する際は月額1650円、NTTドコモの利用年数が15年以上で、「らくらくパック(200MB)」を契約する際は月額2880円でNTTドコモのLTE対応スマートフォンが利用できる。

 そのほか、シニアはじめてスマホ割を申し込んだユーザーは、自宅にいながら遠隔でマンツーマンレッスンする「かんたんスマホ口座」を1回無料で受けられるほか、「ムーヴバンド2」を購入した場合は1000ポイント贈呈する。

 シニアはじめてスマホ割は、4月24日から9月30日までの期間で実施していたが、好評だったため再度実施することになったという。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking