2015年11月07日10時00分

猫の見守りが捗りまくった!完全無線で設置できるネットワークカメラ『Arlo』の使用感

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 家庭用の監視カメラは防犯用途だけでなく、外出中に自宅にいるペットや子供の様子を確認したいといった理由で使われることが多い。特に近年では、スマートフォンと連携してカメラの映像を確認できる製品も増えてきたことで、需要も年々高まっている。

 ただ、やはり監視カメラというと、使うまでの敷居の高さを懸念する人がまだまだ多いようだ。確かに、カメラの設置や電源などの配線、PCやスマートフォンでのアプリの設定など、実際に使えるようになるまでには様々な作業が必要だ。そんな中、カメラの配線が一切不要で、設定も非常に簡単な家庭用監視カメラが登場した。それが、NETGEARの『Arlo(アーロ)』だ。

AMAZONレビュー
NETGEARの家庭向けホームセキュリティカメラ『Arlo』。ベースステーションとカメラ2台がセットになっている。実売価格は4万4200円前後。増設用のカメラ単体は1万9800円前後。

 Arloはカメラが2台とベースステーションがセットになった、家庭向けのホームセキュリティー製品。最大の特徴が、カメラを完全ワイヤレスで使えるという点だ。カメラは2.4GHz帯域のIEEE802.11n準拠無線LANでベースステーションと接続するため、LANケーブルなどの接続が不要なうえに、電源としてリチウム乾電池を利用し、最大6ヵ月の連続使用が可能。この仕様により、ベースステーションと無線LANで接続できる範囲内であれば、ケーブルの取り回しを一切気にせず自由にカメラを設置できるというわけだ。カメラは最大5台まで追加できるので、より多くの場所を一度に監視する本格的な運用にも活用できる。

AMAZONレビュー
ベースステーション。家庭内LANに接続して利用する。
AMAZONレビュー
カメラ本体。製品には2個付属しており、最大5個まで同時運用が可能。

 カメラの映像はスマートフォン用の専用アプリか、PCのWebブラウザーから確認できる。録画されたデータの参照はもちろん、カメラが捉えているリアルタイムの映像も視聴できるので、外出先から現在の自宅の様子も簡単に確認できる。スマートフォン用アプリはAndroid用とiOS用を用意する。

Amazonレビュー
カメラの映像はスマートフォン用アプリで確認。録画データやリアルタイム映像を確認できる。Android用とiOS用を用意。
AMAZONレビュー
PCからはWebブラウザーで映像を確認できる。

  初期設定の簡単さも特徴のひとつで、ネットワークなどの知識一切不要で設定が行える。

 まず、ベースステーションを自宅の無線LANルーターと有線LANケーブルで接続し、電源を投入。その後、カメラにリチウム乾電池を入れ、ベースステーション側面とカメラ上部に用意されているSyncボタンを押して、ベースステーションとカメラをリンク。次に、スマートフォン用アプリをダウンロードし、スマートフォンを自宅の無線LANに接続した状態でアプリを起動。起動後「新規セットアップ」を選択すると、設置したベースステーションが自動的に見つかるので、メールアドレスやパスワード、氏名などの情報を登録する。

 以上で設定作業は完了。実際に試してみても、5分もかからず設定完了という手軽さだった。これなら、普段スマートフォンを使っている人なら全く戸惑うことなく設定できるだろう。なお、この初期設定はスマートフォン用アプリだけでなく、PCのWebブラウザーでも可能だ。

・初期設定手順

AMAZONレビュー
ベースステーション背面のLANポートと自宅の無線LANルーターをLANケーブルで接続して電源を入れる。
AMAZONレビュー
カメラにリチウム乾電池を入れる。
AMAZONレビュー
ベースステーション側面のSyncボタンを押す。
AMAZONレビュー
カメラのSyncボタンを押して、ベースステーションとリンクさせる。
Amazonレビュー
スマートフォン用アプリを起動し、「初期セットアップ」を選択。
Amazonレビュー
ベースステーションが自動で発見される。
Amazonレビュー
メールアドレスやパスワード、個人情報を登録すれば初期設定完了。
Amazonレビュー
アプリからカメラのリアルタイム映像や録画映像を確認できるようになる。

 ところで、Arloはカメラをリチウム乾電池で運用するため、連続運用時間に不安を感じる人もいるだろう。ただ、その点は心配無用。Arloは動体検知機能により、カメラが動くものを検知すれば録画を開始し、撮影範囲内に動くものがなくなれば撮影を終了してスタンバイモードへ移行するようになっている。そのため、電池利用でも長期間の運用が可能だ。24時間連続録画による監視は行えないが、動体検知機能による自動録画だけでなく、スマートフォンアプリなどを利用したリアルタイムの映像表示や録画指示も可能なので、自宅でのペットや子供の監視用途では、この仕様でも困ることはないはずだ。

 録画データは無料で利用できる専用クラウドに保存されるので、録画用のPCなどを用意する必要がない。この点も、Arloを手軽に利用できる要因のひとつとなっている。クラウドは容量1GBを無料で利用できるようになっており、録画データは最長7日間保存される。クラウドに保存された録画データは、スマートフォンのアプリやWebブラウザから確認できるとともに、ダウンロードして保存可能だ。

Amazonレビュー
カメラには動体検知機能が用意され、動くものを検知すると自動で録画。録画データは容量1GBの専用クラウドに最長7日間保存される。
Amazonレビュー
録画データは、アプリやWebブラウザーから再生できる。ローカルにダウンロードも可能だ。

 カメラを完全無線で使えるということもあって、設置の自由度は非常に高い。パッケージにはカメラ設置用のスタンドを4個同梱しており、それを壁や柱などに固定することで簡単に設置できる。スタンドとカメラは磁石で固定するという点も面白い特徴で、配置後でも簡単にカメラを取り外せる。カメラ底面には三脚固定用のネジ穴も用意しており、小型三脚を活用すれば、設置場所の自由度も大きく高まる。

 また、カメラには赤外線LEDを搭載し、暗闇でもしっかりと物体を捉えられる。ペットの寝床前にカメラを設置して照明を完全に落として運用してみたが、モノクロ映像にはなるものの、ペットの猫が動き回る様子をはっきり捉えていた。

 加えて、カメラはIP65準拠の防水仕様で、屋外への設置も可能。定点での運用だけでなく、室内・屋外を問わず、常に監視したい場所にカメラを自由に配置できる点は、他の防犯カメラではなかなか真似のできない特徴と言える。

AMAZONレビュー
付属の専用スタンドとカメラは磁石で固定。設置後も取り外し自由だ。
AMAZONレビュー
IP65準拠の防水仕様のため、屋外への設置も安心。
AMAZONレビュー
三脚用のネジ穴もあるので、三脚に固定して設置することも可能。
AMAZONレビュー
配線不要なので、置き場所に困らない。
AMAZONレビュー
カメラには赤外線LEDを搭載し、暗闇のペットの様子もしっかり確認できる。
AMAZONレビュー
カメラの画角は約110度と広いが、周辺部はややわん曲する。

 カメラは画角が約110度と広い反面、周辺部がわん曲した映像となる点は少々気になったが、個人的には監視用途なら許せる範囲内だった。設定や運用の手軽さを合わせ、家庭用の監視カメラとして広くオススメしたい製品だ。

■関連サイト
Arlo製品ページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking