2015年09月29日19時34分

ルンバ最上位機、カメラ搭載で最大112畳稼働

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ルンバ最上位機種はカメラ搭載

 ロボット掃除機“ルンバ”ハイエンドモデルの日本での販売開始が発表となりました。従来の家庭向けの用途だけではなく、小規模なオフィスにも使用できるため、ニーズの広いモデルとなります。

カメラを搭載、フロア全体をマッピング

 新登場となる『ルンバ980』の最大の特徴は、本体上部に搭載したカメラ。水平から上部をカメラで読み込み、障害物があるかといった部屋の特徴を認識します。

ルンバ最上位機種はカメラ搭載
9月29日に『ルンバ980』の製品発表会が開催。iRobot社 CEO兼共同創設者 コリン・アングル氏などが登壇。

 この上部のカメラと、底面に搭載された“フロアトラッキングセンサー”を組み合わせることで、フロア全体のマップを作成しながら、ルンパ自身の位置情報を把握。フロアを効率よくすみずみと清掃することが可能になりました。これが新機構の“iAdapt(アイ・アダプト) 2.0ビジュアルローカリゼーション”です。

ルンバ最上位機種はカメラ搭載
上部にカメラが設置。

 従来のランダム走行から変更し、オープンスペースではひと筆書きで床をなぞるような効率の良い走行をします。一方、家具の下に潜り込むなど障害物が多い場所では、動き方のパターンを変えて抜け目のない走行し、くまなくフロア中を掃除します。

ルンバ最上位機種はカメラ搭載

最大112畳のフロアも清掃できる

 従来のルンバにも自動でホームベースに戻って充電する機能はありましたが、ルンバ980は、自動充電後に未掃除エリアがあったら再び稼働します。これは、“iAdapt 2.0ビジュアルローカリゼーション”によるもの。

ルンバ最上位機種はカメラ搭載

 最大2時間の連続稼働後、自動充電、その後再稼働することで、最大で185㎡、畳数でいうと最大112畳の稼働面積が実現します。
 従来のルンバが家庭用の域を越えなかったのに対して、十分にも小型のオフィスにも利用できる稼働面積。事実、小規模のオフィスだと掃除まで手がまわりずらいので、ロボット掃除機のニーズはあるはず。

ルンバ最上位機種はカメラ搭載

 直販価格は13万5000円で、発売予定は10月10日。直販サイトで本日より予約受付が開始。

最新ルンバのパワーアップポイントは他にも。次のページへ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking