2015年09月28日13時00分

心拍センサー&iPhoneに対応した「SmartBand 2」が10月17日に日本発売決定

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーモバイルは、8月にグローバルで発表した新型活動量計「SmartBand 2 SWR12」の日本発売を明らかにしました。発売日は10月17日で、価格は1万6070円。ソニーストアおよび全国の量販店で取り扱い予定です。

SmartBand 2 SWR12
ホワイトのバンドの場合。最大の進化点は心拍センサーが搭載されたところ

 SmartBand 2 SWR12は、「SmartBand SWR10」の後継機種にあたる製品で、画面はなくセンサーとバッテリーを内蔵するコア部とバンド部を切り離すことができます。バンド部はコアとセットの場合はホワイトとブラックを用意。また、バンド部単体では別売でインディゴブルーが用意されています。

 なお、同シリーズには「SmartBand Talk SWR30」という製品もありますが、こちらは電子ペーパー内蔵で音声コマンドやハンズフリー通話にも対応した多機能版。SmartBand 2はよりシンプルに日々の活動量を計測したいユーザーに向いています。

SmartBand 2 SWR12
コア付きのホワイトバンド版
SmartBand 2 SWR12
インディゴブルーは別売のオプションとしてバンド部のみの販売

 計測できるデータは歩数、消費カロリー、睡眠など。SmartBand 2ではそれらに加え、心拍数、ストレスレベルの計測も可能になっています。これらのデータはすべてAndroidアプリ「Lifelog」で確認・分析・管理が可能です。動作保証されているスマホはXperiaのみですが、Android 4.4以降かつBluetooth Low Enagyに対応している端末であれば利用可能です。

SmartBand 2 SWR12
Lifelogアプリは活動量計で取得したデータとともにスマホアプリの利用状況もあわせて表示する

 また、SmartBand 2はiPhoneにも対応。Androidとは異なりLifelogアプリは提供されませんが、ホストアプリで接続後、ログ情報を確認・管理・分析できます。Google Fit連携、電話検索機能は利用できませんが、ちょうどよい時間に起こしてくれる「スマートウェイクアップ」や音楽再生時などに使える「メディアリモートコントロール」には対応しています。なお、SmartBand 2はヘルスケアアプリとも連携し、ダッシュボードから歩数などをチェックすることもでき、機種変更をする場合もiCloudにログデータは保存されることになります。

SmartBand 2 SWR12
iOS向けホストアプリはすでに公開中。iOS 8.2以降のiPhone/iPod touchに対応する

 心拍数の計測とiOSにも対応することにより、前モデルより多くの人のニーズに応えられるようになったSmartBand。自分の健康状態などが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking