2015年09月03日20時15分

第6世代Coreをゲームでアピール 東芝の12.5型4KノートPCも披露したインテル基調講演:IFA 2015

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ドイツ・ベルリンで9月4日に開幕するコンシューマーエレクトロニクスの祭典“IFA2015”に先駆け、9月2日朝に行なわれたインテルのプレスカンファレンスの模様をお送りする。

Intel

  まずはヨーロッパ担当副社長のChristian Morales氏が登壇。

Intel

 すでにお伝えしている通り、現地9月2日早朝に米国にて第6世代Core(開発コードネーム:Skylake)のノートPC用ラインアップがついに発表となり、当然ベルリンも『6TH GEN』(=第6世代)が合言葉だ。

Intel

 クライアントPC担当の上席副社長、Kirk Skaugen氏が登壇し、新CPUの詳細説明が始まった。

Intel

 インテル史上最強CPUはこんなに小さいのだ。

Intel

 現在使用されているPCの内、10億台のPCはすでに3年以上前のもので、今こそ買い替える好機なのだ。

Intel

 2010年のPCと比べて、第6世代Coreは2.5倍高速で、30倍のグラフィック能力があり、3倍省エネになっているからね。

Intel

 姿かたちもこの通り。薄くて軽くてエレガントになっている。

Intel

  こちらが第6世代Coreを使ったPCの展示コーナー。スティックPCもさらにパワフルになる。

Intel

  もちろん超小型PC(=NUC)も同様に、さらに高性能なものができたよ。

Intel

 5年前にはこんなに大きくて重いXeon搭載デスクトップでないとできなかったことが……

Intel

 はい、この第6世代Coreを搭載したThinkPadでできるようになりました。

Intel

 グラフィック性能の向上で、PCは4Kの世界に突入します。

Intel

 第6世代CoreならGoProを6台使って撮影した全天周動画の処理も楽勝。

Intel

 そしてなにより、世界で12億人が楽しんでいるPCゲームに革新をもたらすのだ。

Intel

 もちろんみんなの大好きな戦車ゲーム『World of Tanks』も4K×3画面でプレイ可能だよん。

Intel

 カーレースのプロゲーマーが登場して模範プレイを披露。

Intel

 そしてもちろん、こちらもついにラウンチしたばかりのWindows 10と第6世代Coreの組み合わせでPCは最強化するのだ。

Intel

 Windows 10と第6世代Coreの組み合わせにより、みんなが望む3つの夢が実現する。

Intel

 まずひとつ目は、インテルのTrueKeyとWindows 10 Helloによって「パスワードを入力する必要がなくなる」。

Intel

 こちらのような容姿が瓜二つの女性でも、顔の違いが認知され、ログインできないのだ。

Intel

  2つ目は、インテルのWiDiとPro WiDi、UNITEが実現する「ワイヤレス」の実現。

Intel

 こんなワイヤーのかたまり欲しくないでしょ。

Intel

  Pro WiDiならば、自動認証で帰ってきてもすぐに繋がるのです。

Intel

  もちろん充電もワイヤレスが当たり前になります。

Intel

  3つ目は、第6世代CoreとインテルのRealSenseによって、より自然な操作が可能となります。

Intel

  例えばこのレノボの新しい2in1はこんなに薄いのにRealSenseを搭載しております。

Intel

  こうして背面のRealSenseカメラを人物に向けると……

Intel

  RealSenseはリアルタイムで3次元データをゲットして認証できるのだ。

Intel

  ドローンに搭載すれば障害物を感知できる。

Intel

  もちろんスマホにも搭載できますよ。

Intel

  オレンジ色のモデルガンに装着すれば、VRなゲームを楽しむことができるのだ。

Intel

  ヨーロッパでのBasis Peakの展開を発表。睡眠と行動を記録するウェアラブルデバイスで、1週間の心拍を記録。動きと発汗、体温を計測してApple HelthやGoogle Fitと同期できますよ。229ユーロで本日発売です!!

Intel

  超小型モジュール、CurieによってこういったIoT機器はさらに発展します。

Intel

  というわけで、インテル史上最強の第6世代Coreによって、これだけの素晴らしいことが実現できるのです。

Intel

  最後に紹介されたのは、第6世代Coreの生みの母であり、プラットフォームエンジニアリンググループの副社長Shlomit Weissさん。第2世代Core(開発コードネーム:Sandy Bridge)も彼女がデザインしており、生粋のインテル技術者です。

Intel

  デモに登場した東芝の第6世代Core搭載PC『Satellite Radius 12』。当日に東芝ヨーロッパが発表したもので、12.5型の4Kディスプレーを搭載しながらも重さはなんと1.32キロと軽量。

Intel

  こちらも当日レノボが発表したSurface型(?)の2in1 PC『MIIX 700』は背面にRealSenseカメラを搭載してます。

Intel

 こちら狭額縁で人気のデルのXPS13も第6世代Coreを搭載予定です。

 というわけで、まだIFA2015は開幕前ですが、インテル、エイサー、ASUSにファーウェイ、パナソニックにソニー、レノボが新製品を発表しまくっていますので週刊アスキーを1秒ごとにチェックしてくださいねー。

■関連サイト
インテル

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking