2015年08月22日09時00分

シリーズ唯一のフィーチャーフォン Xperia Pureness X5:Xperiaヒストリー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 筆者はずっとXperiaの歴史を追っていますが、手に入らなくて今でも欲しいと思っているモデルがたくさんあります。そのなかでもっとも異彩を放っていたのが、2009年に発売されたSony Ericsson時代の『Xperia Pureness X5』です。

20150822Xperiakunkoku

 Windows Mobile 6.1/6.5となった初代『Xperia X1』および『X2』と、Android OS路線を歩む事となる『Xperia X10』シリーズのその狭間に、『Xperia Pureness X5』は登場しました。しかもOSはA200 Platformと、Xperiaという名を冠した端末の中で唯一のフィーチャーフォンでした。

 特徴は、なんといっても手のひらに収まるコンパクトなストレートタイプのボディーに、スケルトンディスプレーを搭載していることです。このディスプレー、カラーでもなくタッチにも対応してませんが、文字やグラフィックが表示されるディスプレーの向こうがそのままスケスケという、なんとも近未来なデザインが最高にツボです!

20150822Xperiakunkoku

 『Xperia Pureness X5』はフィーチャーフォンなのでもちろん通話できます。さらにネットワークに接続してウェブ閲覧もできるし、メールやSMSも使えます。まあ、ディスプレーはモノクロ表示ですが。なお、日本語入力もできないので、なかなかハードルが高い端末ですね。

20150822Xperiakunkoku

 カメラは非搭載ですが音楽だって聴けます。マイクロSDのような拡張スロットもないので、音楽はBluetooth経由で転送します。音楽を転送するだけで大変です。……容量も少ないんですけどね。

 コードネームは“kiki”で、プレスリリース時のコンセプトは“talk,text,time - a holiday from technology”。

 そのまま訳すと“技術からの休日”。何のことやらと言いたくなりますが、おそらくはスペック競争とは違った別次元のデザイン性や、操作の心地よさといったものを訴えかける端末ということなのでしょう。筆者が気ままに解釈してるだけですが。

20150822Xperiakunkoku

 このコンセプトで今つくったら、もっとステキな端末ができるかもー! といういつものお約束の妄想はおいといて、今でもふと思い出してしまう淡い恋心を筆者に抱かせたのが『Xperia Pureness X5』でした。

20150822Xperiakunkoku

●関連サイト
ソニーモバイル

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking