2015年08月10日15時00分

MacBook Airサイズの「クルマ」WalkCarが完全にやばい

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 やばい、圧倒的に欲しい。トートバッグから「クルマ」が出てきた瞬間、封筒からMacBook Airがとりだされた、あのときの興奮がよみがえってきた。

 WalkCar(ウォーカー)はA4サイズのクルマだ。cocoa motorsという日本のハードウェアスタートアップが開発中。今年10月、Kickstarterで予約を開始する。

 デザインはさながら車輪がついたMacBookAir(もしくはiPad)、乗っている様子は電動スケートボード。行きたい方向に重心を傾けるだけでカーブ・アクセル・ブレーキ操作ができるという。セグウェイっぽい感じだろうか。

lexus
東京・青山INTERSECT BY LEXUSで展示していたWalkCar

 同社設立は2013年。創業者は芝浦工大出身の佐藤国亮さんだ。佐藤さんは今年6月、東京・青山INTERSECT BY LEXUSで、「カバンに入る大きさにクルマを小型化した世界初の製品」だとWalkCarを紹介していた。

「いろんなテクノロジーは進化したのにクルマは持ち運べなかった。歴史を振り返ると、人の“移動”は進化してこなかった。ケータイのように持ち運べれば、“徒歩”を初めて進化させられるはず」と佐藤さん。

 スケートボードの聖地アメリカ西海岸ではなく、日本で生まれた未来のボード。価格、バッテリー持続時間、最高速度、安全機構など気になるところも多い。Kickstarterが始まるまでに、ちょっと話が聞けたらうれしいな。

■関連サイト
cocoa motors

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking