2015年08月05日23時30分

Windows 10搭載dynabookが1kg未満の8インチとAtom x5採用10インチ2in1で新登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 東芝はWindows 10搭載2in1 PC『dynabook N29/TG』と『dynabook N40/TG』を発表しました。どちらも取り外し可能な物理接続型の打ちやすいキーボード、バッテリーでの長時間駆動、フルサイズのUSB 2.0ポートの搭載などが特徴です。

『dynabook N29/TG』
●8月12日発売予定
●予想実売価格 8万円前後(税抜き)

dynabook

 N29は8.9インチWUXGAX解像度(1920×1200ドット)ディスプレーを備えた、Windows 10 Home(32ビット)搭載の2in1 PC。CPUはAtom Z3735F(4コア、1.33GHz、最大1.83GHz)、メモリーは2GB、ストレージは64GB eMMC。キーボードドック側にもバッテリーが内蔵されているため、装着時には最大約12時間(公称値)もの長時間駆動が可能。また、キーボード付きながらも総重量約989グラムという携帯性の高さも魅力のひとつです。

dynabook
↑右側面。
dynabook
↑左側面。

 タブレット側にはマイクロUSB、マイクロHDMI、マイクロSDカードスロット。キーボードドック側にはUSB 2.0、SDカードスロットを搭載。USBメモリーやマウスなど、自分好みの周辺機器が利用できます。

『dynabook N40/TG』
●9月下旬発売予定
●予想実売価格 9万円前後(税抜き)

dynabook

 N40はN29と同じくWUXGA解像度で、10.1インチの液晶を搭載した2in1 PC。OSはWindows 10 Home(64ビット)で、メモリーは2GB、ストレージは64GB eMMC。CPUにはCherry Trail世代のAtom x5-Z8300(4コア、1.44GHz、最大1.84GHz)を採用しています。

dynabook
↑右側面。
dynabook
↑左側面。

 キーボードドック装着時の重さは約1094グラムで、連続駆動時間は最大約13.4時間。タブレット側のインターフェースはN29と変わりませんが、ドック側はUSB2.0ポートが2基になっています。また、10.1インチサイズと大型になっているぶん、ファンクションキー列が用意されています。

dynabook
↑N40のキーボードレイアウト。

 さらに、どちらも東芝ならではの独自アプリを搭載。カメラアプリ『TruCapture』ではWindows 10対応ということで、マルチウィンドウ表示が可能になり、被写体選択時のUIの変更、プロジェクターやモニター撮影時のノイズ(モアレ)の改善が施されています。加えて、ボイスレコーダーアプリ『TruRecorder』では、ほかのICレコーダーで録音したデータの音声解析に対応したほか、解析したデータをほかの東芝製PCへの書き出して引き継ぐことも可能になりました。

 最新の技術が使われていて携帯性と拡張性を両立できる2in1 PCを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

●関連サイト
dynabook.com

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking