2015年08月03日17時15分

スパコン世界ランキングでトップ3を日本が独占 創業5年ベンチャーが史上初の快挙

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2015年7月にドイツで開催された世界スーパーコンピューターのコンテスト“ISC15”の、消費電力あたりの性能を競うランキング“GREEN500”。開発したのは、創業5年目の日本のベンチャー企業PEZY。理化学研究所に納入した『Shoubu(菖蒲)』と、高エネルギー加速器研究機構に納入した『Suiren Blue(青睡蓮)』、『Suiren(睡蓮)』の3台が史上初、トップ3を独占したと発表された。

 2011年に世界一になった富士通の『京』や、2015年も1位の座をつかんだ中国の『天河一号』などのスーパーコンピューターは絶対的な性能が指標。規模の大きさが有利になるランキングに比べて、GREEN500はもっともエネルギー消費効率のいいスーパーコンピューターを評価するものだ。

PEZY

 PEZYのスーパーコンピューターは、ほとんどすべてゼロベースから開発、大半のパーツを国内で調達した、国産の独自スーパーコンピューター。従来の空冷、液冷と異なるフッ化炭素による、サーバー全体を不活性液体に沈めて高い効率で冷却する“液浸冷却”技術で、高い冷却性能とシステムの小型化、また高性能化と低消費電力化を両立した。

PEZY

 またPEZYグループは2014年に1024コアのプロセッサー開発にも成功しており、2016年には4096コアのプロセッサ開発を予定。将来的には、研究所だけでなく、これを民間の企業がスーパーコンピューターを使いビッグデータを活用するなどの展開も考えている。

■関連サイト
The Green500 List

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking