2015年07月30日12時00分

カッパ!亀!ロボ!車! ワンフェス2015夏企業ブースぶらり旅

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 週刊アスキーサイトの画像UP仕様限界を軽くスルーしてお送りしているワンフェス2015夏レポート。コスプレレポートにしても、一般ディーラーレポートにしても制限ないのがウェブの魅力だし……ということで、企業ブース編だ。記事タイトルにあるように、カッパと亀とロボとクルマである。なお撮影機材は『α7』とカールツァイス『Batis 1.8/85』。16時あたりの企業ブースは後ろに下がりやすいので、コスプレレポートでも使用したレンズを投入してみた。ドールや巨大フィギュア撮影にオススメである。

 おそらく大部分が該当するかとは思うが、カッパや亀、ロボ、クルマより美少女キャラのプライオリティーが高い方は、ASCII.jpのレポートも合わせてご覧頂きたい。

四万十川カッパ造形大賞リターンズ!

 定期的にワンフェスにブースが用意されているカッパ造形大賞。回を重ねるごとに、架空の生物なんだからと、制作者からあふれ出る煮汁が濃くなっているような気もするが、今回は3年ぶりとなる四万十川カッパ造形大賞リターンズの作品展示。入賞作品の表彰のほか、応募作品の多数が展示されていた。やはり濃かったので、濃くなっているのは間違いではないだろう。というわけで、胸キュンだったカッパを見ていこう。

20150730wonderfes
↑大なり小なりのカッパさんがいっぱい。何体あったんだろう……。
20150730wonderfes
↑カッパさんっぽいカッパさんですな。架空の生物だから「っぽい」というのは謎なのだが、筆者の脳内におけるカッパさんビジョンにフィットである。
20150730wonderfes
↑某CMの影響か、筆者のなかではカッパさん=酒飲みだが、地域によっては酒好きなカッパさんの伝承もあるそうな。
20150730wonderfes
↑ニーア ゲシュタルト/レプリカントに出てきそうなカッパさん。そういえば、E3 2015で“NieR New Project”が発表されたので、ニーア大好きな筆者としては、とても楽しみであり、プロモだけでご飯をモリモリ食べられる勢いだ(編注:延々とニーアついて書いてあったのですが、あまりに長かったため勝手に割愛しました)。
20150730wonderfes
↑エジプトテイスト溢れるカッパさん。
20150730wonderfes
↑ブラジルの奥地で呪いを放ってそうなカッパさん。
20150730wonderfes
↑ジョジョシリーズのスタンドとして出てきそうなカッパさん。
20150730wonderfes
↑えらくかっこいいカッパさん。

おっきな亀とロボが大行進です

 一部ジャンルにおいて、フィギュアは巨大化路線にあるような気がする。ロボや動物系ヒーローがそれだ。やはりデカい=強い=カッコイイだからだろうか。筆者宅では置き場所に困りすぎるため回避してしまうのだが、1体は鎮座していただいていてもいいような、と思わせるものばかりだった。おもにプライム1スタジオ製のものばかりなのだが。

20150730wonderfes
↑プライム1スタジオ ミュータント・タートルズ ミケランジェロ ポリストーン スタチュー
20150730wonderfes
↑プライム1スタジオ ミュータント・タートルズ ドナテロ ポリストーン スタチュー
20150730wonderfes
↑プライム1スタジオ ミュータント・タートルズ レオナルド ポリストーン スタチュー
20150730wonderfes
↑プライム1スタジオ ミュータント・タートルズ ラファエロ ポリストーン スタチュー
20150730wonderfes
↑プライム1スタジオ ミュータント・タートルズ スプリンター ポリストーン スタチュー
20150730wonderfes
↑プライム1スタジオ トランスフォーマー/ロストエイジ オプティマスプライム ポリストーン スタチュー
20150730wonderfes
↑プライム1スタジオ トランスフォーマー/ロストエイジ ガルバトロン ポリストーン スタチュー
20150730wonderfes
↑プライム1スタジオ トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン バンブルビー ポリストーン スタチュー
20150730wonderfes
↑重甲侍鬼(フルメタルゴースト)
20150730wonderfes
↑重甲侍鬼(フルメタルゴースト)

 さて、2015年は使徒襲来の年というイメージが強いのだが、もうひとつ重要な出来事がある年だ。第10回サイバーフォーミュラワールドグランプリで風見ハヤトくんが初出場して、初総合優勝した年である。メガホビEXPO 2015で展示されていた『1/1 スーパーアスラーダ01』が展示されていたので、とても高まった。先の展示を見に行けなかったからだ。

 「アスラーダはよ」といっても、当分先くさい(AIについては近年のうちに到達できそうな気配だが)ので、カラーリングをモリモリとマッチングさせたフォーミュラEマシンなど出てきてもいいような気もするし、グッスマレーシングがこう勢い余ってですね、アスラーダっぽいものをですね……風見ハヤトくんが、風見ハヤトさんになる時期までにどうか。その前に6輪車の復活を(編注:また延々と脱線していたので、バッサリ割愛しました。新シリーズの展開を期待したいところです)

20150730wonderfes
↑広角をもってくればよかったと後悔しつつ、1/1 スーパーアスラーダ01。ラリーモードとはなんだったのか。
20150730wonderfes
↑スーパーアスラーダ01のフロント。
20150730wonderfes
↑ブーストポッドが大変よろしい。
20150730wonderfes
↑風見ハヤトくんのヘルメット。

 というわけで短時間で回った企業ブースだったが(毎回一般ディーラーとコスプレエリアを回っていると、だいたい1時間も時間を確保できない)、カッパさんたちが癒しだった。小さいお子さまとおばあちゃんがカッパさんとセルフィーを撮っていることもあり、こういったフィギュアがもっと広まるといいなぁと思いつつ、唐突に今回のレポートを終える。

■関連サイト
ワンダーフェスティバル2015[夏]

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking