2015年07月27日21時30分

ワンフェス2015夏レポ! カールツァイス『Batis 1.8/85』で撮るコスプレ美女たち+α

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

改めまして、Batis 1.8/85は良いレンズ!!

 さて、V8を讃えたところで、話をBatis 1.8/85に戻そう。開放域から色ノリがよく、仕上がりがシャープなので、基本的に開放付近で楽しめるだろう。個人的にはF2.2あたりが好みで、ふわふわとしつつパリっとした具合で大変よろしい。またF4以降は近代的なシャープな印象を強く受けつつ、愛用しているC Sonner 1.5/50と似ているとも感じた。人物向けとしてオススメされているが、最短距離80cmで大きめのドールやフィギュアにもいい。線がパキっと出やすい部分でとくにオススメだ。

 人によっては気になるかもしれないのは、フォーカスの遅さ。α7でも気持ち遅い印象を受けたが、スピーディーな対応を要求されるシーンに投入することは少ない焦点距離なので、気にならなかった。α7Rやα7sはコントラストAFのみなので、その2機種のユーザーであればフォーカス速度をチェックしておいたほうがいいだろう。

ワンフェス2015夏レポ
週アス編集部にいらっしゃるスマートドール“みらいちゃん”も、こんな感じにかわいく撮れる。

 以下は取材時の装備。クリップオンの環境が多いと思ったので、オフカメラはせず。重量も軽く、取り回しが楽なのもイイ。

ワンフェス2015夏レポ
α7+Batis 1.8/85+ニッシンi40+HAKUBA CLIP-ON STROBE DIFFUSER L
ワンフェス2015夏レポ
有機ELパネルがあり、DMFかMFモード時に距離と被写界深度が表示される。実用的でもあるが、ロマンとウフフギミック感が圧倒的に強い。

 歪曲収差をみると糸巻き型で、ボケ具合もちょっとクセがあると感じるかも。タッチ&トライをしてからもでいいが、掲載した写真の感じで気に入ったのであれば、衝動買いをしても、ご満悦度は大のハズだ。筆者も短時間のトライアルだったが、いま、とても欲しい。返却したくない。

 さて、だいぶページが長大になってしまったが、高解像度写真をいくつか掲載しておく。Capture Oneでストレートに現像しているので、サンプルになるだろう。ああ、何度も言うが、お借りしたBatis 1.8/85を返却したくない(編注:返却してください)。

ワンフェス2015夏レポ
※クリックで拡大表示できます。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking