2015年07月17日08時00分

iPhoneの電池が長持ちに?今さら聞けないメールの常識プッシュとフェッチとは

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさま、こんにちは。

 iPhoneでメールを受信したいけれど、電池の消耗を避けたい方や、未読がどんどんたまるのが嫌という方のために、今日はメール設定のコツをご紹介します。

 メールの受信方法は“プッシュ”と“フェッチ”の2種類があります。それぞれの違いを覚えておけば、自分に合ったタイミングでメールを受け取ることができます。

プッシュとは

iOSTips

 メールはiPhoneに届く前に“メール受信サーバー”というものを経由します。その受信サーバーが新着メールを受け取った瞬間、iPhoneに「新しいメールが来たよ!」とリアルタイムで知らせてくれます。プッシュしてくれるわけですね。そのお知らせを受け取ったiPhoneは、受信サーバーからメールをダウンロードします。

フェッチとは

iOSTips

 それに対して“フェッチ”とは、受信サーバーから新着メールのお知らせが来ません。そのため、一定時間ごとにiPhoneから「新しいメールは届いていますか?」と聞きに行きます。その問い合わせの結果、新着メールがあれば受信します。そして、次に聞きに行くまでは何もしませんので、リアルタイムに受け取りはできません。

iOSTips

 iPhoneの場合、フェッチだと15分、30分、1時間ごとの設定、または手動で新着メールを確認するという方法から選べます。

iOSTips

 現在、どのような設定になっているか、確認してみましょう。設定から“メール/連絡先/カレンダー”を選び、その中の項目から“データの取得方法”へと進みます。

iOSTips

 自動でデータを受け取るには、この一番上の“プッシュ”をオンにするだけで設定完了です。

iOSTips

 また、メールアカウントごとに“プッシュ”と“フェッチ”、“手動”の3種類から選択することができます。アプリによっては“プッシュ”に対応していないので、その場合は“フェッチ”と“手動”の2種類しか表示されません。

“プッシュ”と“フェッチ”は、どっちがいい?

 一概にどっちがいい、どちらがダメ! ということはありませんが、電池の持ち時間を優先するなら“フェッチ”を選択しましょう。

 “プッシュ”の場合は、iPhoneがいつでも受信サーバーから通知を受け取れる状態を続けるため、より電池を消費しやすいわけです。

 逆に“フェッチ”の場合は、iPhoneが決められた時間ごとに通信を行なうので、プッシュに比べると電池は温存できます。もちろん、設定した時間の間隔が短いほど電池を消費します。

 簡単に“プッシュ”と“フェッチ”の仕組みをご紹介しましたが、違いがわかりましたでしょうか? バッテリーを長持ちさせたいのか、メールをすぐに欲しいのか、自分に合った設定方法にしてみましょう。

※iOS8.4で検証しました。

■あわせて読みたいiOS Tips
iPhoneはデフォルトアカウントを設定すれば今よりもっとメールが使いやすくなる
「メール届いてないよ」と絶対言われないiPhoneのメール設定
iPhoneのメールで下書き一覧を最速で表示させる方法

■まとめて読みたい方をこちら
iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

■つばさが紹介したiPhoneテクニックが動画になりました
iPhone使い方講座

つばさのFacebook

 この記事を書いているつばさのFacebookページができました。
 スキマ時間などにのぞいてくださいませ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking