2015年07月10日12時00分

感謝御礼!秋葉原を舞台にしたプレゼンバトルの登壇者決定 観覧募集も再開!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
AKIBAベンチャーピッチ

 次世代抱き枕、手のひらサイズのDJツール、次世代のコンテンツ、リアル新興プラットフォームサービス……秋葉原を舞台にした史上初のプレゼンバトルで勝つのはどこか。

 2015年7月23日(木)の開催が迫ってきた、アキバ系ベンチャーによるプレゼンバトル“大江戸スタートアップ AKIBAベンチャーピッチ”の全登壇企業がこのたび決定した。いずれ劣らぬレベルの高い応募が集まったので、当日の登壇ピッチ内容にはぜひ期待してもらいたい。

 また、こちらも満員となっていた当日一般観覧の追加募集が開始。さらに、AKIBAベンチャーピッチの模様がニコニコ生放送の週刊アスキーチャンネルで配信します。会場に来られない人もぜひ事前予約のチェックをしてほしい。

 それでは、全登壇企業とサービスを紹介しよう。

ワンセグ全番組録画機が放つ新サービス!?

 まずは8チャンネルぶんのワンセグ放送を24時間×2週間まるごと録画できるレコーダー『ガラポンTV』をようするガラポンが登場。実はガラポン、本社が神田明神のすぐ近くというAKIBA系ベンチャーなのだ! ガラポンTV自体はすでに2010年の発売で人気商品となっているため、今回は新サービスでの登場。以前に保田代表に行なったインタビューでは、クラウドサービスの展開なども話していたが……。(関連サイト:ガラポンTV

AKIBAベンチャーピッチ

5年後のスタンダードを見据える3Dプラットフォーム

 5年後には当たり前になっている次世代コンテンツプラットフォームだと語るのは、jThreeの松田光秀代表。3DCGをアップロードして誰でも閲覧できるプラットフォーム『jThird』を開発、公開している。3DCGの初音ミクが歌う姿をブラウザー上で360度閲覧できるコンテンツや、自由自在に縞パンを作成できるジェネレーター“Shima Color 3D”などのコンテンツが上がっている。(関連サイト:jThird

AKIBAベンチャーピッチ

地方発ハードウェアベンチャーの手のひらサイズDJツール

 すでに登壇を発表しているポータブルDJシステム『GO-DJ』を開発、販売するJDSound。仙台発のハードウェアベンチャーとして注目を集めている。DMM.make AKIBAの誕生でハードウェアベンチャーのメッカとなりつつある秋葉原で、今回は地方から挑戦する。(関連サイト:GO-DJ

GO-DJ

次世代抱き枕がアキバに降臨

 こちらもすでに登壇を発表している、なでると声を出す抱き枕『痛すぽ』を開発するジョイアス。抱き枕ばかりがクローズアップされるが、その実、センサーを利用して製品を開発するハードウェアベンチャーであり、さらには音声をクラウドで投稿、共有するプラットフォームの構築を予定。ハード、ソフト両面で注目の企業だ。(関連サイト:痛すぽ

dakimakura

厚さ2ミリのシートスピーカーユニット

 スライブの開発する『pzBASS』はわずか厚さ2ミリのスピーカーユニットだ。省電力、高音質かつ、小型ならではの設置性で、自由なレイアウトの音響システムを構築できる。今回唯一のBtoB向け製品での登場だが、技術力への注目と音響・電気街としての秋葉原らしさからの登壇となった。(関連サイト:スライブ

AKIBAベンチャーピッチ

好きなキャラクターに囲まれた暮らしを実現するリアル事業

 最後、6社目は部屋の壁紙やレイアウトをキャラクターで彩る“痛部屋”の事業を展開するほか、マンガやアニメ、ゲームをはじめとするサブカルチャーグッズの企画、開発、販売を行なうスタートアップのSO-ZOだ。好きなキャラクターに囲まれて生活したい、そんな夢をかなえてくれる。(関連サイト:SO-ZO

AKIBAベンチャーピッチ

 改めてになるが、一般観覧の追加席も若干名追加しているので、当日現場での観覧を希望する人は、下記Peatixの予約ページからご登録を。

『大江戸スタートアップ AKIBAベンチャーピッチ』

●開催概要
■日時 2015年7月23日(木)
開場/受付開始 18時 開演 19時 終了予定 22時
■場所 MOGRA 秋葉原
東京都台東区秋葉原3-11 B1
JR秋葉原駅中央口 徒歩約5分、東京メトロ銀座線末広町駅 徒歩約5分
■入場料:無料(会場内軽食の用意あり)
■観覧募集人数:先着80名程度
■主催 KADOKAWA
■協賛 さくらインターネット、日本マイクロソフト
■内容(予定)
 開演前にDJによるデモを実施
 Akibaベンチャーピッチ プレゼンバトル
 セッション第1部 ご登壇:日本マイクロソフト株式会社
 セッション第2部 ご登壇:さくらインターネット株式会社
 表彰式
 ※プログラム内容は予定です。予告なく変更の可能性があります。
■審査員
 さくらインターネット 田中邦裕 代表取締役社長
 日本マイクロソフト OEM統括本部  嶋内愛 マーケティングスペシャリスト
 Cerevo 岩佐琢磨 代表取締役
 kibidango 松崎良太 代表取締役
 週刊アスキー編集長代理 伊藤有

■■参加登録はコチラから!(Peatixの予約ページに遷移します)■■

写真:IQRemix

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking