2015年07月06日19時30分

ソニー本社で一般開放 MESHやHUIS、FES Watchと新規事業製品が触れる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーの新規事業創出プログラム“Seeds Acceleration Program(SAP)”から生まれた新製品が熱い。電子ブロックの『MESH』や複数のリモコンをまとめられる『HUIS』、24種類に変化する電子ペーパー採用の腕時計『FES Watch』、それぞれがクラウドファンディングで話題になり、すでに発売していたり、製品化に向けて動き出している。

 2015年7月7日から7月10日の午後6時から8時の間、これらの新製品がソニー本社ビル“Creative Lounge”で一堂に会し、製品及び試作機を触れるタッチ&トライコーナーとして一般開放される。

 7月6日にはプレス向けに紹介イベントが行なわれ、2014年4月に始動したSAPの1年間の成果と、これからの取り組みについて説明された。7月1日には自社でクラウドファンディングサイト“First Flight(ファースト・フライト)”もオープンさせた。

ソニー SAP

 誰もが発明家になれる電子ブロック『MESH』は、センサーを内蔵するMESHタグを使い、タブレットアプリでタグに役割を与えるようプログラミングすることで、身近にあるものをなんでもツール化できる。子供でも楽しめるため、ワークショップは満員御礼の人気。

 文化祭などでお化け屋敷をつくるとき、タグが振れると音を鳴るプログラムで驚かす……そんな使い方もできるとか。7月からはファースト・フライト、また米国ではAmazonで発売を開始している。

ソニー SAP

 ファースト・フライトでも人気で、すでにサクセスも達成した電子ペーパーを使ったスマートリモコン『HUIS』(ハウス)は、テレビからエアコン、ブルーレイレコーダーなど家中の家電をなんでもひとつにまとめられる。

ソニー SAP

 特徴は電子ペーパーを採用し、リモコンのレイアウトを自由自在に変えられること。ひとりひとりに使いやすいよう、自分だけのボタン配置で組み込むことができる。スマホのトップのように各機器のよく使う機能だけを集めた、自分だけのリモコンをつくったり、家を出る時に便利な全家電のシャットダウンボタンだけを集めてみたりと可能性は無限大。

ソニー SAP

 各機器には赤外線の指向性に限界があるため、連携させるといったことは難しいが、より複雑な命令をするプログラムを作成したり、レイアウトをネットで配布したりするような展開も考えているという。

 「ファッションのデジタル化」がビジョンという電子ペーパーを採用し、24種類のレイアウトが楽しめる腕時計『FES Watch』

ソニー SAP

 時計だけでなくベルトまで電子ペーパーを利用しており、会社ではフォーマル柄、プライベートではカジュアル柄と変えられ、腕時計を着ける喜びを高める。

ソニー SAP

 ファッションのデジタル化というだけに、腕時計だけにとどまらない製品展開を考えている。たとえば、電子ペーパーでつくられた蝶ネクタイのコンセプトモデル。

ソニー SAP

 電子ペーパーで青色が表現できているのは驚きだが、これはペーパー自体をあらかじめ青色に塗っており、白くすることで青空、暗くすることで星空を表現している。

ソニー SAP

 そのほかメガネやアクセサリーなどのコンセプトも展示。

ソニー SAP

 電子ペーパーを布地にどんなものでも変身させられる。人の好みによってアレンジでき、ファッションをもっと自由に楽しくする。

ソニー SAP

 プレス向けの紹介イベントで、ソニー新規事業創出部の小田島伸至担当部長は、「大企業でスタートアップを実現するために仕組みをつくった。ベンチャーと違うのは、ソニーが何十年かけてつくった、プロフェッショナルなスキルを持った人たちがいる。その人たちが若いエンジニアのアイデアを実現できるように、サポートしていくメンバーとつなげていける」と語り、SAPの取り組みに自信を見せていた。

■関連サイト
First Flight

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking