2015年07月06日17時00分

ソニー、多すぎるリモコンをカッコよくまとめる『HUIS』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
huis
ソニー『HUIS』(出資額2万5000円から)
写真:First Flight

 ソニーがリモコンを再発明しようとしている。

 電子ペーパーを使ったスマートリモコン『HUIS』(ハウス)が、クラウドファンディング『ファーストフライト』で大人気だ。すでに1000万円を超える出資を集め、ファンディングは大成功をおさめている。ゲットするための出資額は2万5000円から。

 ハウスはいわゆる学習リモコン。テレビ、ライト、エアコン、Blu-rayプレーヤー、あらゆるリモコンを家電データベースから参照、もしくは赤外線経由で登録して操れる。もちろんソニー以外でもほとんどのメーカーが対応している。

huis
いろんなリモコンを学習させられる
写真:First Flight

 特徴はリモコンのボタンを自分でカスタマイズできること。本体もしくはパソコンでカスタマイズして、必要なボタンだけをピックアップするだけ。

 自分だけのオリジナルリモコンがつくれる。いつも使う機能に限定することで、ごちゃごちゃしないシンプルなリモコンができるというわけ。

huis
画面をカスタマイズするのがポイント
写真:First Flight

 カラーの液晶付きリモコンではなく電子ペーパーを採用した理由はバッテリーのため。持ってすぐに使えることにこだわった。サイズは幅68×高さ123×最厚部24mm。樹脂製で、後ろ側に傾斜がつき、手にすっぽりフィットする形になっている。

 ゆくゆくはリモコンのデザインを共有するためのサイトも開きたいという。たしかにキャラクターが描いてあったり、かわいいリモコンなら使いたいかも。美少女がボタンを手に持っている「痛リモコン」なんてどうかしら、ソニーさん?

■関連サイト
HUIS(First Flight)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking