2015年06月30日22時30分

ソフトバンクモバイルが子会社を通じてパートナーとMVNO事業サービスを拡大

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソフトバンクモバイル(ソフトバンク)は、100%持ち株会社のSBパートナーズ(代表取締役社長 寺尾洋幸)を通じてさまざまなパートナー企業と協業し、MVNO事業を推進していくと発表した。SBパートナーズはこれまでソフトバンクモバイルの子会社として存在してはいたが休眠状態にあり、7月1日から改めて事業をスタートさせる。

 具体的な内容は協業相手によるため、まだ未定。ソフトバンクモバイル(ソフトバンク)のインフラを使い、パートナーごとに特徴を生か個人ユーザー向けに全国へとサービス展開していく予定。ワイモバイルとは目指す方向と分野が異なるため、競合しないとしている(広報談)。

ソフトバンクモバイル

 この試みによって、続々とユニークなMVNO事業者が誕生する可能性がある。

【補足】ソフトバンクモバイルは、2015年7月1日付でソフトバンクへと社名を変更する。

■関連サイト
ソフトバンクモバイル

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking