2015年06月15日10時00分

じぶん銀行がスマホアプリにパスワード入力不要の“トランザクション認証”を追加

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 じぶん銀行は、6月14日から『じぶん銀行スマートフォンアプリ』にインターネットバンキングによる不正送金被害を防止するための新認証サービス、“スマホ認証サービス”の提供を開始した。なお、iOSアプリは近日中に提供が開始される予定。

 トランザクション認証は、ユーザーの取引内容を含んだワンタイムパスワードを生成して認証するもの。銀行取引用スマホアプリにトランザクション認証を組み込んだサービスは邦銀初となる。

20150615jibun
20150615jibun

 “スマホ認証サービス”は振り込みと携帯電話番号の変更が対象で、利用にはインターネットバンキングの「各種手続き・照会」内の“スマホ認証申し込み”から申し込む必要がある。“スマホ認証サービス”は取引確定前に振込先や振込金額などの取引内容を表示し、ユーザーが承認した取引だけを実行する仕組み。

20150615jibun

 取引の際にいちいちワンタイムパスワードの入力やパスワードカードを見る必要がなく、スマホアプリのみで認証が完結するのが最大の利点。さらにPCでの取引の際はスマホが取引内容を確認する機器として機能するため、ログイン認証とトランザクション認証による2要素認証となり、より高いセキュリティー性を発揮する。

 なおスマホ認証サービスを利用中に、MNPを利用せずに携帯電話を変更、端末が故障して電話番号が異なる代替機を使うといった場合は、じぶん銀行お客さまセンターに電話のうえ、スマホ認証サービス契約解約後に新端末で再度初期設定することで再度利用可能となる。

 ネットバンキングではPCがウイルスに感染するなどしてIDやパスワードが盗み取られ、預金を別の口座に不正に移し替える事件が多発しており、'14年には被害額が約30億円に急増している。

インターネットバンキングにおける不正送金の被害額
2015615jibun

 入力不要の取引承認のみで、第三者による取引先や取引金額の改ざんを防止できるスマホ認証サービスは、オークションサイトなどを活用しているユーザーにオススメだ。

Google Play アプリをダウンロード

■関連サイト
じぶん銀行

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking