2015年06月08日15時30分

今月、使えるお金はあといくらを表示 マネーフォワードが予算管理機能を強化

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 1800以上の金融関連サービスと連携し、自動で家計簿、資産管理を行なえるサービス“マネーフォワード”は、新たに予算の目標を立てて管理する機能を大幅に強化した。「今月はあといくら使える?」を金額やグラフで可視化して、わかりやすく表示してくれるという機能だ。

 今までは銀行などと連携して、資産の推移や今後の予測など確認することができたが、今回の強化された資産管理機能は、性別や年代、家族構成などのプロフィールを入力すると、毎月のお金の出入りと統計データから、自動で最適な予算プランを提示してくれる。

マネーフォワード 予算管理機能

 保険や通信費、家賃などなど連携する金融機関のサービスから毎月使うお金は自動で設定される。提案された予算プランを見ながら、どうしても削りたくない項目を自分で設定することも可能だ。

マネーフォワード 予算管理機能

 予算の進捗をグラフでわかりやすく、使えるお金を週単位、月単位で表示する。

マネーフォワード 予算管理機能

 ちょっと多めに必要な週など、項目ごとにパラメーター調整もできる。

マネーフォワード 予算管理機能

 残り2日で使える予算は3502円。こうして毎日、変化する数字を確認できると非常にわかりやすくていい。ついつい無駄遣いしちゃうって人も、数字がひと目で見えると一歩立ち止まって考えるモノだ。

マネーフォワード 予算管理機能

 マネーフォワードによれば、月々のお金の出入りが完全自動化する“家計の見える化”によって無料ユーザーで月平均1万1642円、月額540円のプレミアム会員で月平均2万223円の収支改善ができているという。この予算管理機能の強化で、ますます賢くお金が使えそうだ。

■関連サイト
マネーフォワード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking