2015年05月21日07時30分

ちいさな女の子をギークにする魔法の腕輪 ウェアラブルデバイスLinkitz

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
linkitz

 魔法の腕輪はプログラム可能になった。

 『リンキッツ』(Linkitz)は、女の子が遊べる電気じかけのおもちゃの腕輪だ。クラウドファンディングのキックスターターで予約できる。予約価格50ドルのアーリーバードプランがまだ残っている。今年12月出荷予定だ。

 花びらのような部品をつけかえて機能を入れ替えられる。トランシーバーにしたり、きらきら光らせたり、振ると音が鳴るようにもできる。そして大事なことに「何をするとどうなる」のところは子供自身がプログラムできる。

linkitz
Linkitz(予約価格 約6000円)
linkitz
部品を替えると機能が変わる
linkitz
トランシーバーとしても使える
linkitz
振ると音がする魔法の杖にもなる

 プログラムといってもコードを打って『Hello World』を表示させるわけではなく、アプリから使いたい機能を選んでいくだけ。スピーカー、マイク、モーション(センサー)、友だち(通信機能)、LEDなどを自由に組み合わせられる。

 つまりはゲーム感覚でプログラムの基礎を学べる知育玩具なのである。開発者たちによれば、女の子は早ければ8歳にはプログラミングの世界に興味を持ちはじめる。テック・ガールの教育は早いほどよい、というわけ。

 なお、プログラム言語そのものはグーグルの『Blockly』を使っている。

linkitz
子供自身が機能をプログラムできる
linkitz
モーション、LEDなど機能さまざま
linkitz
友だち同士で通信もできる

 製品は深センのハードウェアアクセラレーターHAXとの共同開発。モジュール型電子おもちゃという発想は、ソニーのチームが開発している電子ブロック『MESH』と、電子おもちゃ『Moff』を合体させたようなアイデアでもある。

 子供のころ、魔法を使うには「ブゴオオオ!」「ズドオオオオン!」など大声で呪文をとなえる必要があったが、これからはプログラムひとつでどんな魔法も使えるようになる。21世紀、魔法使いの弟子はプログラマーなのであった。

写真:Kickstarter

■関連サイト
リンキッツ Linkitz

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking