2015年05月19日13時30分

ロシアiPhone離れ 独自スマホ開発へ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
jolla
Jolla OSをもとに独自OSを開発する(写真は通常のJollaスマートフォン)

 プーチンが一喝のもとにiPhoneを叩き割るシーンが浮かんだ。

 ロシア通信省は同国独自スマホの開発を検討している。ロシア日刊紙RBCなどが報じた。14日にフィンランドの携帯電話会社ヨーラ(Jolla)などと協議し、同社のオープンソースOSをベースに独自OSの開発に着手したそうだ。

 ロシアではモバイルの95%を欧米からの輸入でまかなっているが、自国生産の割合を2025年までに50%まで拡大したいと考えている。

 IDCによれば、世界のOSシェアは今年2月時点でAndroid81.5%、iOS14.8%。2社だけで96.3%ものシェアを占めている。Windows Phoneは2.7%、BlackBerryはわずか0.4%。スマートフォンを中心とした情報産業は事実上、米国の独占状態だ。

 エドワード・スノーデンのリークによれば、米国製のスマートフォンやウェブサービスは米当局による諜報活動に悪用されていた(メーカーが知っていたかどうかはさておき)。ロシアが警戒を強めているのも理解できる。

 まあそりゃ理解はできるけど、ロシア製はロシア製でおっかないような気がするんだけど……どの国にも属さない、絶対に盗聴される恐れのない、それでいて最高にクールで便利で欲しくなるスマートフォンってないものか。

写真:Jolla

■関連サイト
Jolla

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking