2015年05月18日16時00分

ヤバいやつだこれ!脳波センサー快眠ヘッドホン オンキヨー共同開発『Kokoon』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
kokoon

 眠れない夜、羊を数えるよりもイノヴェーティブな解決策が登場した。

 Kickstarterで話題の『コクーン』(Kokoon)は、装着して眠ることを目的に開発されたヘッドホン。医療用の脳波センサー(EEG)を搭載し、睡眠状態を脳波レベルでチェックできる。現在、予約価格189ドル(約2万2600円)のプランが残っている。

 ざっくり言えば電子耳せんになるノイズキャンセリング機能つきのBluetoothヘッドホン。もちろん音楽も再生できる。ソフトウェア開発プラットホームを開放し、たとえば脳波に合わせて音楽のビートを変化させるようなアプリも開発できるとのこと。

 コクーンのコンセプトはエルゴノミクスデザイン。装着したまま寝返りを打っても大丈夫らしい。また、音そのものは密閉しながら、耳元に熱がこもらないよう空気は循環させる構造になっているという。ちなみにクールジェルつき。

kokoon
Kokoon(予約価格 約2万2600円)
kokoon
睡眠状態をスマホアプリでチェックできる
001
装着したまま寝返りを打っても大丈夫とのこと
001
音は漏らさず、でも空気は循環させる独自機構

 開発しているのは、ロンドンのスタートアップと深センのハードウェアアクセラレータHAXLR8R(現在はHAXと改名)。エンジニアリングはオンキヨーと提携だ。つまるところオンキヨー品質のヘッドホンに脳波センサーがのったウェアラブルデバイスであり、ヤバい。

 バッテリーは350mAh、スリープモードにしていれば25時間、曲を再生していれば11時間。脳波分析結果は専用アプリでチェックする。Bluetoothはapt-Xに対応しているため、スマホで音楽を聞くときは便利に使えるはずだ。

 本体は折りたたみ、ブックサイズ(いわゆるバイブルサイズ)まで小さくできる。専用ケースに入れれば、小さなトートバッグにもおさまるとのこと。

kokoon
オンキヨーと提携、ロンドンの若者たちが開発
kokoon
死ぬほど作られた試作品
kokoon
たたんで専用ケースに入れられる
kokoon
トートバッグにもすっぽり

 羊を数え、フィボナッチ数をそらんじ、グーグルのプライバシーポリシーと利用規約を読んでもまだ眠れない夜はぜひ、試してみたい。(実際飛行機で使ってみたい)

写真:Kickstarter

■関連サイト
Kokoon

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking