2015年05月19日10時05分

キャリアロゴなしXperiaなど厳選モデルで勝負するソフトバンク2015年夏モデルは4機種+α

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソフトバンクは、2015年夏モデルとしてスマホ4機種のほか、小型モバイルプロジェクターやPhotoVisionなど合計6機種を発表しました。

ソフトバンク2015年夏モデル

●日本仕様AQUOSの新端末に注目が集まる

 圧倒的な人気を誇るXperiaは、唯一、SONYロゴそのままのモデルで登場。Galaxy S6 edgeは、ソフトバンクのみ全色、全容量から機種を選択できるなど、他キャリアと差別化を図っています。ワンセグや防水、フェリカ対応など、日本仕様に改良されたAQUOSシリーズも見逃せない魅力です。

ソフトバンク2015年夏モデル
AQUOS CRYSTALは狭額縁に加え、日本だけの機能として防水やエモパー2.0に対応した。
ソフトバンク2015年夏モデル
美しいデザインをさらに引き立てるSONYロゴをそのまま採用。

2015年ソフトバンク夏モデル一覧

・スマートフォン
『AQUOS Xx』
 最新オクタコアCPUを搭載した、フラグシップモデル。5.7インチの大画面とGR certifiedカメラで、大迫力のスーパースロー再生を可能にする。液晶の色再現性も高まり、赤の再現性と省電力性に注目が集まる。

『AQUOS CRYSTAL 2』
 5.2インチ液晶の、フレームレスデザインが魅力で、同じインチ数のXperia Z4やZ3よりも小型なのが◎。日本向けに防水・ワンセグ・お財布に対応している。エモパー2.0も進化し、イヤホンを装着すれば屋外でも対話が可能になった。

『Xperia Z4』
 Xperia Zシリーズ史上最薄の6.9ミリ、144gを実現した新型Xperia。プリインストールされているアプリが他キャリアに比べて少なく、グローバルモデルに近いシンプルな状態なのが特徴だ。

『Galaxy S6 edge』
 5.2インチディスプレー+オクタコアCPUを搭載したハイエンドモデル。docomoはストレージ容量32GBモデル、auは本体色がグリーンのモデルが用意されていないが、ソフトバンクは32GB、64GBいずれも全色から選択できるのが最大の魅力。

・モバイル周辺機器
『PhotoVision TV2』
 9インチから7インチに小型化。宅内での遠隔視聴が可能になり、録画番組をスマホで持ち出せるのが大きな特徴。SIMロック解除には対応しないが、ソフトバンクとの回線解約後も利用可能。

『モバイルシアター(仮』
 最大120インチの大きさ(200ルーメン)で投影できる、小型で高性能なAndroid 4.4.4搭載プロジェクター。モバイルバッテリーやモバイルルーター的な使い方も可能。

 なお、最新機種の詳細なスペックなどは、週アスPLUSの個別記事をぜひご覧ください。

●関連サイト
ソフトバンク

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking