2015年05月15日08時00分

iPhoneのバックアップを削除してiCloudの容量不足を解消する方法

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさま、こんにちは。

 iPhoneのバックアップをiCloudにとっているという方も多いのではないでしょうか? 私もそのひとりなんですが、iPhoneからiPhoneへと機種変更したときや、同じApple IDのアカウントでiPadを使っている場合は、不要なバックアップがないか確認しましょう。

 というのも、以前の機種や本当はもういらないバックアップが、まだiCloudに残っている場合があるからです。今日はそんなデータがあるのか確認したあとに削除する方法をご紹介します。

iOSTips

 設定→iCloud→容量→“ストレージを管理”を選択します。

 すると、iCloudにバックアップが残っている機種名が表示されますので、もう必要ないデータがある場合はその機種をタップします。

iOSTips

 たとえば、このiPadのデータは新機種に引き継いだので、もう必要ないものでした。ここから“バックアップ削除”を選択します。

iOSTips

 このまま“オフにして削除”を選択すれば消せます。

iOSTips

 忘れがちですが、iPhoneを新機種に変えたとき、バックアップから復元したあとはもういらないですよね。これなんてiPhone4からためていますが、最新のiPhone6 Plusだけにすれば、iCloudが無料で使える5GB以内に収まります。

 iCloudの空き容量が一気に増やせますので「iCloudが足りないよ!」というときは、一度見なおしてみてはいかがでしょうか?

※iOS8.3で検証しました。

■あわせて読みたいiOS Tips
iPhoneでiCloudの容量が足りないときに使えるデータの減らし方
iPhoneアプリの自動アップデートをWiFiだけで使う設定と解除方法
iPhoneのバックグラウンドで動いているアプリをまとめて消す方法

iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

つばさのFacebook

 この記事を書いているつばさのFacebookページができました。
 スキマ時間などにのぞいてくださいませ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking