2015年04月13日15時00分

7000円台でPCにUSB3.1を増設!アスクからType-C拡張ボードとType-A×2の拡張ボード

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アスクはSUNIX製のUSB3.1拡張ボードを2種類発表した。いずれもASMedia製コントローラー『ASM1142』を採用し、最大転送速度は10Gbpsと、USB3.0の2倍となる。

USB3.1

 『USB2311C』はUSB Type-Cを増設できる拡張ボード。接続はPCI Express 3.0×1で、SATA電源コネクターから電源供給する。ロープロファイルブラケットが付属。対応OSはWindows 7/8.0/8.1(32/64bit)、Linux 2.6.31以降。4月下旬発売予定で、予想実売価格は7600円前後。

 

USB3.1

 『USB2312』はUSB Type-Aを2ポート搭載。接続はPCI Express 2.0×2で、PCI Expressスロットのバスパワーで動作する。ロープロファイルブラケットが付属。OSはWindows 7/8.0/8.1(32/64bit)、Linux 2.6.31以降に対応。4月下旬発売予定で、予想実売価格は7600円前後。

 USB3.1の拡張ボードではマスタードシードからすでにType-CとType-Aを備えた製品が出ている。コントローラーはUSB2311Cなどと同様、ASM1142を採用している。

■関連サイト
USB2311C製品ページ
USB2312製品ページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking