2015年04月08日10時30分

月9800円でフィットネスに通い放題のグリー新サービス『レスパス』が超オトクだった!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 月9800円で、都内の様々なスタジオのフィットネスサービスを基本フリーで利用できるなんてスゴイ!

フィットネスレッスンの定額サービス『Lespas(レスパス)』がスタート

レスパス

 グリーの子会社である株式会社レッスンパスは、ヨガやピラティスなどのフィットネスレッスンの定額サービス『Lespas(レスパス)』を4月6日よりスタートしました。レッスンパスは、インターネット事業を営むグリーが新たに健康やウェルネス領域のサービスの提供に参入するとして、今年1月に設立した新会社です。

 新サービス、レスパスの最大の特徴は、月会費9800円(税別)で、提携する都内100以上のフィットネススタジオのレッスンを、何回でも利用できるという点。入会金や初期費用は一切かかりません

月定額9800円、入会金・初期費用無料のフィットネスサービスを体験してポイントを整理

 税別9800円で、複数のスタジオにフリーで通えるってなかなかオトクそう。加えて、インターネット大手のグリーが大元で展開しているだけに、さらなるポイントもありそうです。
 最近、フィットネスに目覚めつつある記者ナベコが、実際にレスパスを利用して会社の近くにあるスタジオでレッスンを受けてきました。

<ポイント>
レッスンの検索、予約はスマホから。WEBサイトより可能。

 レスパスの特徴のひとつとして、レッスンの検索、予約はすべてWEBサイトで行ないます。もちろんスマホからのアクセスもオーケー。スマホ片手に、会社のお昼休みなどに手軽にレッスンを予約できるイメージです。

レスパス

<ポイント>
加盟スタジオは都心部が豊富

 レスパスに加盟しているスタジオは都心部がメイン。特に、千代田区、中央区、渋谷区、新宿区、港区と会社が密集し昼の人口が高い地域には、重点的にスタジオを用意したそうです。

 都心部だけに絞っているわけではないので、住宅街や東京都下にも密度は多くないですがスタジオはあります。編集部がある飯田橋界隈にももちろん、加盟スタジオは複数ありましたよ!

<ポイント>
フィットネスのジャンルが20種類以上と豊富

 場所やフィットネスのジャンルでスタジオを検索。ヨガ、ピラティス、ダンスエクササイズ、ボルダリング、ゴルフまで20種類以上のジャンルのスタジオがあるため、「ちょっと気になる」といった好奇心でも気軽にレッスンを受けられそうです。

レスパス レスパス

 スタジオの設備の確認などもレスパスのサイト上で行なった上で、そのまま予約に進めます。

60分でムーンセラピーヨガを体験してきた

レスパス
ドゥミ ルネサンス市ヶ谷店

 まず訪れたのは、渋谷、目黒、五反田、新橋など各所にスタジオを設ける『ドゥミ ルネサンス』の市ヶ谷店。明るく広いロッカールームと、床暖房を設置したスタジオは、快くカラダを動かすのに行き届いた空間でした。

レスパス

 今回、“ムーンセラピーヨガ”を初体験。

 ムーンセラピーヨガは、ヨガの中でも月の引力によるカラダの影響を特に考慮したもの。わたくし、恥ずかしながらヨガを体験したことないので、何から何まで初めてで緊張です。普段、長時間のデスクワークでカラダがぐったりとなまっているのですが、問題なくできるでしょうか。

レスパス
照明を落としたスタジオでゆったりとした音楽をききながら、心を落ち着かせて瞑想。
レスパス
インストラクターさんの指示に従って、日ごろこっている肩を楽にしていきます。
レスパス
月をイメージして大きく伸び。
レスパス
普段はけしてとらないポーズ。これぞヨガです。少しキツかったですが、伸びた後はカラダに血がめぐったようで気持ちよかったです。

 月齢に合わせて日ごとにポーズが変化するのがムーンセラピーの最大の特徴。この時のポーズはこんな感じでした。

 ムーンセラピーヨガを体験してみて、薄暗いスタジオで月をアタマに思い浮かべるとぼんやりするほどリラックスできました。普段は時間に追われて、こんなにゆったりした時間をとることができないので、カラダを動かす意味と精神的な疲れを取る意味、両方でとても効果的に感じました。

 このムーンセラピーヨガは所要時間60分。1時間で終わるため昼休みに少しゆとりをもてるなら、会社の合間にも通えそうです。

<ポイント>
同じ事業者のスタジオで受講できる回数は月3回まで。

 仮に『ドゥミ ルネサンス』に直接会員になる場合は、月4回の受講できるパスで9504円。
 なお、レスパスには注意点があって、基本的にさまざまなスタジオを回数フリーで受講できるけれど、同じ事業者のスタジオでは月3回までと上限があります。特定のスタジオが気に入った場合は、直接そこに入会して切り替えるという選択もありでしょう。

フィットネスのハシゴを体験!ピラティスに初挑戦

レスパス

 時間がまだあったので、次は神楽坂のスタジオでピラティスに挑戦することにしました。空いている時間に受講できるレッスンをスムーズに探せるのもレスパスの利点です。

レスパス

 ハシゴで訪れたのは、全国31ヵ所にスタジオを構える『ピラティススタイル』の神楽坂スタジオ。人が賑わう神楽坂に面したビルの一角にありました。

レスパス

 ヨガも初めてでしたが、ピラティスも初体験のワタクシ。よく「ヨガより厳しい」ときくのですが、普段運動不足の上に、立て続けのフィットネスの挑戦で大丈夫でしょうか? いったいどうなっちゃうのでしょうか??

レスパス

 ピラティスは、身体に意識を向けて深層部の筋肉を動かし鍛えることで、根本からカラダを直していくものです。ヨガに近いかなと思っていましたが、実際に体験するとリラックスというよりも、よりしっかり自分に身体に向き合うことができるという印象です。

レスパス
足をつけたま、胸に引き寄せ……。
レスパス
ツ、ツライ……。
レスパス
左右に足をキック。これも腹筋が鍛えられます。

 ピラティス初挑戦なのでインストラクターさんの指示を理解してカラダを動かすのが難しかったですが、終了前と後で全身を確認したところ肩の左右のゆがみがマシになったていたようでした。これを続けると、デスクワークからくる慢性的な体調不良も治せるかも……?

 『ピラティススタイル』神楽坂スタジオのレッスンは、基本的に1回1時間。入会した場合、月4回のレッスンのコースで9250円となります。

レスパスを利用してみて

 月定額9800円のフィットネス通い放題のレスパスのサービスを利用してみて、複数のジャンル、複数のスタジオが対象であるのが非常に楽しく感じました。特定のスタジオに通う場合、多かれ少なかれ「月に何回ココに通わなくちゃいけない」という、義務感が出てきてストイックになりがちですが、ひとつのスタジオに所属するわけではないので、縛られる感覚がなくフィットネスに通えそうです。

 また、新しいジャンルにも挑戦してみようかなという“ワクワク感”が生まれるのがとても良い。

 月額に対しての利用回数の目安は、『ドゥミ ルネサンス』、『ピラティススタイル』などの利用料を参考にすると、月4回は通いたいところ。ですが、新鮮な体験への期待感による生活向上を思えば、月3回以下の利用回数になってしまっても、決して損したとは言えないと思います。

 現在は提携スタジオが都心部に集中しているため、休日というより務めがてらの平日に利用するというイメージのほうが強いでしょう。仕事の合間にフィットネスの時間がみつけられそうな人は、十分に以上に利用価値があると思います。

日本はフィットネスサービスの利用が伸びる余地がある

 レスパスの企画段階から参加しているレッスンパスの山下祐理子さんにお話をお伺いすることができました。

 フィットネスの日本の利用率は時間、立地、お金などの制約からアメリカよりずっと少ないため、まだまだ伸びる余地があるという発想からスタートしたフィットネスサービスの企画。グリーが培ってきたインターネットの知見を生かして、それらの制約を解消できないかという狙いがあります。
 加盟スタジオの報酬はユーザーの利用率による成功型になっており、加盟料が無料である事に加え、昼のなど空いた時間帯の利用への期待が高く、反応も上々だそうです。
 サービスは20代、30代の女性をメインターゲットにしていますが、ボルダリングなど男性向けのフィットネスもあることから、男性のモニターからの評判も良いということです。

 今後は、レスパスは加盟スタジオを拡大するとともに、2015年中に東京都以外の全国主要都市に対応エリアを広げる予定ということ。都市部に勤める人のフィットネスの新しいスタイルとなりそうです。

 なお、ただ今レスパスではサービスの開始を記念して、期間限定で月会費の初月無料キャンペーンを実施しています。

■関連サイト
Lespas[レスパス] | ヨガ、ピラティス、ダンス、ゴルフ等レッスンを検索予約
グリー株式会社 (GREE, Inc.) - ニュースリリース - プレスリリース 2015年 - グリー、フィットネスレッスンの定額サービス「Lespas」を提供開始
ドゥミルネサンス市ヶ谷|ヨガ・ピラティススタジオ「ドゥミルネサンス」
ピラティススタイル神楽坂|ピラティスって誰にでもできる、効果が出る!

~ナベコ、Facebookページはじめました~
この記事を書いたナベコです!よかったらFacebookページをのぞいてください。

※4月8日追記13時追記 初出時、スタジオの名前に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking