2015年04月07日22時00分

マイクロソフトを中心とした近年のIT業界の変遷を把握できる1冊だ by平澤寿康

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホでアップルに負けてるマイクロソフトの業績が絶好調な件』(2015年3月13日発売)
 好評発売中のITジャーナリスト山口健太氏の著作『スマホでアップルに負けてるマイクロソフトの業績が絶好調な件』の書評をライターの平澤寿康氏に寄稿していただいた。

スマホでアップルに負けてるマイクロソフトの業績が絶好調な件

■WPJは海外で魚介食べてるだけじゃなく、じっくり取材した内容をまとめた1冊
 Windows Phoneジャーナリストとしておなじみ(?)の山口健太氏。毎年取材と称して海外を飛びまわりつつ、各国の美味しそうな魚介類の写真をツイートしている姿からは、どこまで仕事で海外に行っているのか、疑問に思うことも多々あった。しかし、彼が執筆した「スマホでアップルに負けてるマイクロソフトの業績が絶好調な件」を読むと、その印象は一変。精力的に取材をこなしていなければ書くのが難しい、かなり深い部分まで踏み込んだ内容となっており、世界を股にかけた取材を精力的にこなしていることがしっかりと伝わってくる。アポなしで発表会に参加しようとするのはどうかと思うが、日本人ジャーナリストがほとんど足を運ばない発表会などにも参加する姿勢には、筆者も少しは見習わなければならないと思うほどだ。

 そういったしっかりとしたバックグランドがあるからか、本書の読み応えはなかなかのものだ。Windows8の登場前後から現在に至るまで、マイクロソフトの努力や苦悩がひしひしと伝わってくるなど、臨場感あふれる内容となっている。このあたりは、マイクロソフトウォッチャーとしての本領発揮といった感じだ。また、Windowsだけでなく、MSオフィス、Surface、ウェアラブルデバイスと、マイクロソフトを取り巻く様々な話題も取り上げられており、ここ数年のマイクロソフトを中心としたIT業界の変遷が手に取るようにわかる。マイクロソフトに限らず、業界を広く取材していないと書けない内容で、こういった部分からも、遊びだけで海外に行っていないということが伝わってくる。

新MacBookとVAIOスマホ

 ただ、できればWindows Phoneの話題をもう少し掘り下げてもらいたかったように思う。Windows Phoneジャーナリストを名乗っていたなら、本書の半分ぐらいはWindows Phoneの話題でもよかったような気がする。特に、Mobile World Congress 2015前後で相次いで発表された、国内でのWindows Phone発売に関して本書に盛り込まれなかったのは少々残念だ。氏は、Windows Phoneジャーナリストを名乗り、常にマイクロソフトを追いかけつつも、いつも使う機材はMacBookにiPhoneという点は、馴染みのジャーナリストからよくからかわれている部分だ。今回は出版のタイミングがうまく合わなかったこともあるが、普段の姿勢が大きく影響したのでは、と思わせるトピックと言えるかもしれない。

freetelのWindows Phone端末は“2万円台”

 その点はともかく、かなり読み応えのある内容なのは間違いないので、マイクロソフトを中心とした近年のIT業界の変遷を把握したいなら必読の1冊と言っていいだろう。

 週アスPLUSでも屈指の人気連載“Windows情報局ななふぉ出張所”を執筆中、マイクロソフトとスマートデバイスの話題を追いかけて、1年の4分の1は海外と、世界を股にかける若手ITジャーナリスト山口健太氏が手掛けた初の書籍が2015年3月13日に発売。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking