2015年04月06日07時00分

ニューヨーク在住の個人開発者が作った2014年に約2000万円の売上達成したアプリとは?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、おはようございます。アプリマーケティング研究所、週アスPLUS出張所です。この連載では、気になったアプリ関連のニュース等を紹介していきたいと思います。今回は、海外のアプリ開発者さんが「Overcast」というアプリの収益などをブログで公開していたので、その詳細を紹介したいと思います。

 「Overcast」は、ポッドキャストを再生するポッドキャストプレイヤーアプリです。日本ではなじみが薄いですが、アメリカはクルマ移動が多いこともあり、音声での情報ニーズが強いみたいですね。

 開発者はニューヨークに住んでいるマルコ・アーメントさん。iPhoneアプリ開発やライター業などをやりながら、気ままに暮らしているようです。

Overcast

 ビジネスモデルとしては、ダウンロードは無料でプレミアム版を使いたい人は5ドル払うという、フリーミアムモデル。北米では、日本のようにバナー広告をガンガン入れてマネタイズするアプリはあまり多くないように感じます。

 参考になりそうな収益データなどを抜粋してみました。ひと言で言うと「2014年は2000万円くらい稼ぎましたよ」という内容ですね。

・2014年に31万8996回の累計ダウンロードがあった(うち20万人が、アカウント作成までに至った)
・5ドルの課金が46,940個売れた(ダウンロードしたユーザーの14.7%が課金した)
・16万4134ドル(ざっくり2000万円くらい)の収入につながった
・毎月平均2万7952回ダウンロードされた
・毎月平均1万5684ドル(ざっくり190万円くらい)の収入につながった

 グラフも載っていたので、こちらもお借りします。

Overcast
月々の売り上げ(「リリース初月が一番売上があった」ということ)
Overcast
ダウンロード数(濃い青)とアプリ内課金(薄い青)
Overcast
アプリ内課金の売上推移グラフ

 ポッドキャストアプリは、ニッチなジャンルのように思いますが、人口の多い英語圏ではこういうのが成立するのがおもしろいところ。ちなみに英語話者は、世界に17~18億人(日本人口の15倍くらい)いるそうです。

 ほかにもこのブログでは、「Overcast」という言葉が商標登録されていて名前を使うのに15万円ほどかかったこと、コーヒーを飲みながら子どもと一緒にいられる個人開発の素晴らしさなどがつづられていて、興味深い内容になっています。

 英語ではありますが、興味があれば、本文のほうも読んでみることをオススメします。

関連サイト
Overcast’s 2014 sales numbers

iOS版
AppStore アプリをダウンロード

■関連サイト
アプリマーケティング研究所

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking