2015年03月27日11時15分

肉をがっつり「神田の肉バル RUMP CAP」オープンへ!庄やグループの新業態

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 大衆割烹料理チェーンの庄やグループより初の本格的な肉バルが登場。その名も『神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)』。店名にあるように東京・神田で4月15日グランドオープン。

『神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)』オープンへ

 

神田の肉バル

 しっかり食べてしっかり飲める本格的な肉バル。それでいて、リーズナブルというのが特徴だそう。

 看板メニューは牛1頭から僅か4㎏ほどしかとれない超希少部位“ランプキャップ”。ランプキャップはイチボの名でも知られています。

神田の肉バル

 そのほか“アウトサイドスカート(ハラミ)”、“フラップミート(カイノミ)”、“Tボーンビーフ”、“ビーフハツ”などオリジナル肉料理を用意。それぞれ、180g、230g、460gとお好みのボリュームで注文できます。

 

神田の肉バル

 今流行りでもある熟成肉はあえて使わず、肉本来の旨みのストレートな味わいがこだわり。

 ドリンクメニューは肉をより美味しく食べるために厳選した品揃えで、氷点下ハイボール『フリージングハイボール』や、常時20種以上を揃える厳選のワインなど、庄やグループだけにアルコールは充実していそう!

 

神田の肉バル 神田の肉バル

 店内は、カウンター席に囲まれたアイランド型のチャコール・グリルを舞台に格炭火焼きステーキを、気軽に、おしゃれに、”がっつり”味わえる空間ということ。

 オープンが待ち遠しいですね!

神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)
●4月15日オープン
●東京都千代田区鍛冶町2-13-10

■関連サイト
トピックス|庄やグループ 大庄ホームページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking