2015年03月26日18時15分

レノボが日本のスマホ市場に参入!その意図とは?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 NECパーソナルコンピュータ(以下、NEC PC)とレノボ・ジャパンは、本日就任役員記者会見を行なった。

Lenovo

 4月1日付でNECレノボ・ジャパングループ会長兼レノボ・ジャパン取締役会長のロードリック・ラピン氏(写真右)が、レノボアジアパシフィック地域担当プレジデントに就任。また、留目真伸氏(写真左)がNEC PCおよびレノボ・ジャパン代表取締役社長に就任することになる。

Lenovo

 ロードリック・ラピン氏は同社の第3四半期の売上が31%向上。M&A関連の費用を除いた税引き前利益は前年8%アップの3億4800万USドルと報告。うちPC事業は全体の65%、モバイル事業が24%。PC市場はグローバルに成長していくとしながらも、モトローラーのスマートフォン事業やIBMのx86サーバー事業の買収などと、全体的な事業は多様化を進めているとした。

Lenovo

 また、留目氏からは4月からx86サーバーの国内の米沢工場での生産を開始することに加え、スマートフォンの国内販売を明らかにし、今年をスマートフォン参入元年としたいと語った。しかし、SIMフリーまたはキャリアと組むのかといった販売形態や、搭載OS、プロセッサーといった詳細は随時発表するとした。

 同社は今年の3月にバルセロナで行なわれたMWC2015にて、1600万画素のカメラを搭載した『VIBE SHOT』や、“Dolby Atmos Cinema Sound”を採用した『A7000』など数多くの魅力的なスマホを発表している。

VIBE SHOT
Lenovo
Lenovo
A7000
Lenovo

 いずれもデュアルSIM対応。もし、こうした端末が国内で発売されることになった場合は、格安SIMとのセット販売、もしくはSIMフリー端末として提供されることが予想される。

■関連サイト
レノボ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking