2015年03月25日16時15分

未来すぎるハイテク電動車椅子もシェアサイクルへ ドコモが新しいモビリティシェア事業を提案

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket


ドコモがシェアサイクルをさらに便利にして、モビリティシェア事業を拡大します。
 

モビリティシェア

 いままでは電動アシスト自転車のシェアリングがメインでしたが、今度は電動車椅子や電動歩行アシストカートなどが対象になる予定。従来のような公道だけでなく、テーマパークや公共施設などでの導入を目指しているとのこと。

モビリティシェア

 今回ドコモと提携したWHILL社の電動車椅子『WHILL Model A』を利用する。前輪に24個の小さなタイヤを組み合わせることで、その場所での転回が可能。さらに坂道や砂利道でも走行可能なつくりになっているとのこと。
 

モビリティシェア

 この車椅子をベースにして、ドコモが通信装置やGPS、遠隔制御機能を盛り込み、同社のモビリティシェアシステムに対応させる。導入にかかる参考費用は月額3万9000円(4年契約)。

 また、RT.ワークスの電動歩行アシストカートや、片山工業の歩行アシスト自転車も同様のシステム対応を行ない、4月1日から東京・晴海で実証実験する予定。

モビリティシェア モビリティシェア

  まだまだ実験段階ではありますが、数十年後にはセグウェイやホバーボード、メーヴェなんてものまでシェアリングする時代が来てしまいそうです。

(2015年3月25日22時30分追記)

 本日ドコモと提携した3つの製品の操作感などはYouTubeの動画でぜひチェックしてみてください!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking