2015年03月16日19時15分

クイッとひねるとWebサービスが起動するキースイッチ その名も『Hackey』使い道は分からないけど妙に欲しい

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
hacky

 スイッチを入れればテレビがつく。音楽が聞ける。家電ってそういうものだったはず。でもスマートフォンは画面をすぱっすぱっとタッチしているだけ。まるでタバコみたいだ。すぱっすぱっ。

 スイッチを求めてやまないわたしのために、製造系スタートアップCerevoがWebサービスを起動する鍵スイッチ『Hackey』を開発した。自動車のイグニッションキーのような形で、鍵をひねるとサービスが動く。価格は90ドル(約1万円)前後、今夏発売予定。

hacky
ドゥルルルンと音がしそうなHackey

 連動するWebサービスはTwitter、Facebook、IFTTT(イフト)に対応する。IFTTTはEvernoteやDropboxなど複数のWebサービスを連動させた動作をさせるためのプラットホームだ。

hacky
IFTTTでサービスを動かせる

 HackeyからWebサービスを動かすだけではなく、逆にWebサービスからHackeyについたLEDを光らせることもできる。

hacky
サービス側からLEDを光らせることもできる

 市販のΦ16マウントスイッチと互換性があり、キースイッチをプッシュスイッチに交換したり、3Dプリンターでカスタマイズ可能。本体サイズは直径56×高さ51mm。電源はmicroUSB供給、Wi-Fiは802.11b/g/nに対応する。

hacky
プッシュスイッチにも変更可能。カチッとできる!

 Cerevoによると、例えば子供が帰宅時に鍵をひねると親に通知が行く、といったサービスが開発可能とのこと。何に使うべきか、まさにハッカーの皆さんのお手並み次第といったところか。

 ハッカソンのお題が出たような感覚。言語まったく書けないけど欲しい。スイッチひねりたい。ああ誰かわたしのためにコードを書いて、わたしにスイッチをひねらせてええぇ……(残響音)

写真:Cerevo

■関連サイト
プレスリリース

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking