2015年03月09日12時00分

東芝から2in1タイプの最新ウルトラブック『dynabook R82』登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 東芝は3月9日、2015年春モデルとして新たに2in1タイプのウルトラブック『dynabook R82』を発表。デジタイザーペン付属&タッチ液晶搭載『dynabook R82/PGP』と、タッチ液晶搭載『dynabook R82/PGQ』をラインアップしている。

dynabook_R82

 dynabook R82は12.5インチタッチ液晶(1920×1080ドット)を備えるキーボード脱着型の2in1ウルトラブック。CPUはCore M-5Y31を採用し、メモリーは4GB。ストレージは『R82/PGP』が256GB SSDを、『R82/PGQ』が128GB SSDを搭載している。

dynabook R82/PGP
(デジタイザーペン付属モデル)
●予想実売価格 20万円前後
●3月13日より順次発売予定
●重量 タブレット:約730g、キーボードドッグ装着時:1.43kg

dynabook R82/PGQ
(静電式モデル)
●予想実売価格 16万円台後半
●3月13日より順次発売予定
●重量 タブレット:約699g、キーボードドッグ装着時:1.399kg

シーンに合わせて4つのスタイルで使える

●ノートPCスタイル

dynabook_R82

↑キーボード入力がメイン。デスクでのデータ整理、資料やメール作成に。

 

●スタンドスタイル

dynabook_R82

↑対面の相手に画面を見せる場合、プレゼンや商談などの際に。

 

●標準タブレットスタイル

dynabook_R82

↑タッチ操作、ペン操作がメイン。持ち運びスタイルに最適。

 

●拡張タブレットスタイル

dynabook_R82

↑タブレットスタイルでありながら、キーボードドックに接続した状態でインターフェースをフルに利用できる。

■関連サイト
dynabook.com

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking