2015年03月02日19時45分

実測4.5Gbpsって速すぎ!ドコモが5G通信の屋外実験結果を公開:MWC 2015

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket


4.5Gbps=10秒間で5.6GB以上!
 

5G

 次世代通信規格の“5G”を使ったドコモの伝送実験で、ドコモが実測4.5Gbpsというとんでもない速度をたたき出しました。

 実験は2月にエリクソンと共同で行なわれ、15GHzという高周波帯を使い、4.5Gbps以上のデータ通信に成功したとのこと。

5G
5G

 さらに、高い周波数となるミリ波(30~300GHz)を活用した『ビーム追従機能』検証をドコモとノキアが行ない、70GHz帯を使って2Gbps以上の通信にも成功。

5G
5G

 なにやら難しい単語が飛び交っていますが、カンタンに言うと、“LTEの次の規格はとんでもなく速い”ということだと思います。

 4.5Gbpsという速度は、10秒間で5.6GB以上のデータ転送が可能で、4K放送に換算すると100本ぶんの番組を同時に配信できるだけの能力があります。なんていうか現実味が薄いですね……

 現在のLTEの実測値が速くて50Mbpsぐらいですから50Mbps=0.05Gbpsですから、LTEの100倍近く速いことになります。

5G

 ドコモは、アルカテル・ルーセント、富士通、NEC、サムスンとも実験協力を合意していて、さらなる検証を行なうそうです。同社は2020年のオリンピックまでのサービス開始を目指しています。

 実現時はもう少し遅くなってしまうと思いますけど、あと6年でそんなに速くなるなんて……技術ってすばらしいです。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking