2015年02月16日15時05分

新生『VAIO Z』は“MADE IN 安曇野” TDP28ワットCPU搭載の高性能2in1

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 VAIOは、薄型軽量ボディーにTDP28ワットの第5世代Coreプロセッサーを搭載した『VAIO Z』を発表しました。本日(2月16日)15時から受注開始。本体の予想実売価格は税抜きで19万円から29万9800円前後です。

『VAIO Z VJZ13A1』
●VAIO
●2月16日15時受注開始
●予想実売価格 19万円から29万9800円前後

VAIO Z
VAIO Z
↑カラーはブラックとシルバーの2色。
VAIO Z VAIO Z

 ディスプレーは13.3インチのタッチ対応液晶でWQHD(2560×1440ドット)解像度。キーボードをそのまま使えるクラムシェル型とタブレット型を切り替えて利用できるマルチフリップ構造を採用しており、デジタイザーペンも付属します。

VAIO Z VAIO Z

 CPUはCore i7-5557UもしくはCore i5-5257U、メモリーは8GBもしくは16GBから選択できます。ストレージは128GB、256GB、512GBが選択可能で、どれも高速なPCIe×4接続のSSDとなります。

 カメラは 背面(底面)に約799万画素のソニー製CMOSセンサー『Exmor RS for PC』、正面に約92万画素の『Exmor R for PC』を備えます。プリインストールアプリとして『CamScanner』が用意されているため、紙資料やホワイトボードなどをPC単体でキャプチャーできます。

VAIO Z

 また、常に端末を最新の状態に保てる“InstantGo”に対応。バッテリー駆動時間は約15.2〜15.5時間(公称値)で、本体の重さは1.34キログラム。高性能ぶりをたもちながら、このような形に落とし込めたのは独自の高密度基板実装技術と熱冷却技術の結晶『Z ENGINE』によるもの。

 そのため、販売中の『VAIO Pro』や『VAIO Fit』とは異なり、開発・品質チェックだけでなく、組み立て・製造もVAIO本社のある安曇野工場で行なわれています。その証拠に外箱や本体には“MADE IN AZUMINO JAPAN”と記されています。

VAIO Z
↑Z ENGINE
VAIO Z VAIO Z
↑外箱。 ↑VAIO Z本体にある刻印。

●おもなスペック(フルカスタムの場合)
OS Windows8.1 Pro Update(64ビット)
ディスプレー 13.3インチタッチ液晶(2560×1440ドット、221dpi)
CPU Core i7-5557U(2コア/4スレッド、3.1GHz、最大3.4GHz)
メモリー/ストレージ 16GB/512GB SSD
通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.0
インターフェース USB3.0×2、HDMI出力、SDXCカードスロットほか
本体サイズ/重量 約324.2(W)×215.3(D)×16.8(H)mm/約1.34kg

 そのほか、各種アクセサリーの単体販売も開始。ACアダプター部のUSB端子に接続しホテルなどで使えるWiFiルーターとして機能する『ワイヤレスルーター VJ8WAR100』(税抜き5500円前後、ソニー時代の型番はVGP-WAR100)も再販します。

VAIO Z
↑ワイヤレスルーター VJ8WAR100

 同社は衣料品などを扱うブランド“BEAMS”とのコラボモデルの販売も予定。こちらは3月から受注開始予定で、ウェブ注文時、カラーの項目で“BEAMS特別仕様(+6000円)”を指定する必要があります。BEAMSロゴが本体に記されていたり、タッチパッド部分がビームスのオレンジのカラーに変更されているのが特徴。筐体の色はブラックとなります。

VAIO Z
VAIO Z

●関連サイト
VAIO.com

●2月16日17時から新VAIO発表記念のニコ生を放映

 発表会の解説付き録画放映とユーザーイベント『VAIO meeting 2015』の様子を生中継。担当技術者による分解ショーや週アスのトークセッションも予定しておりますので、VAIOファンのみなさまや新モデルの購入を考えている方はぜひチェックしてください!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking