2015年02月03日20時15分

ソニーが美容業界に進出!クラウドで進化可能な新肌解析システムを発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーが美容業界に鋭意進出です!

 2月3日、ソニーは肌解析システム『BeautyExplorer(ビューティーエクスプローラー)』の製品化を発表しました。

 『BeautyExplorer』は、小型肌測定機『Skin View Camera』、専用タブレットアプリ『Skin Analyzer』、スマホ向けアプリ『Skin Viewer』とクラウドサービスを組み合わせた、肌測定、解析、データ管理までを行なうシステムになります。

ソニーの肌解析システム『BeautyExplorer(ビューティーエクスプローラー)』

新肌解析システム

 システムの核となるのは、かねてよりソニーが開発を進めてきた肌解析技術『SSKEP(スケップ)』。画像処理技術を応用した独自アルゴリズムで肌を分析。『BeautyExplorer』ではこれを応用したクラウドサービスを活用することで、精度の高い肌情報の測定、肌状況の解析を可能にします。

新肌解析システム

 クラウドと連携するため随時アップデートし進化が可能という点が、本システムの最大の特徴です。

新肌解析システム
新肌解析システム

 小型肌測定機『Skin View Camera』には、新規に開発したCMOSイメージセンサーと複数のLED波長光源を組み合わせた光学モジュールが搭載。ソニーがカメラなどで培ってきたイメージセンサーの領域が活用されています。水分測定機能も搭載し、高精度でありながら置く場所を困らない小型のデザイン。操作性にこだわったソニーらしいシンプルで美しいデザインになっています。

新肌解析システム

 アプリは、専用タブレットアプリ『Skin Analyzer』とスマホ向けアプリ『Skin Viewer』の2種類あり、『Skin Analyzer』は主に測定時のガイドとして使用し、『Skin Viewer』は、測定結果を手元のスマホで閲覧、データの推移グラフを見るために用います。

『BeautyExplorer』で肌測定してみた

新肌解析システム
小型肌測定機『Skin View Camera』
新肌解析システム
CMOSイメージセンサー、LED、水分測定機を搭載。
新肌解析システム 新肌解析システム

 発表会で実際に『BeautyExplorer』を試してみました。

新肌解析システム

 タブレットの『Skin Analyzer』の画面を見ながら、『Skin View Camera』を指示に従って、顔の3ヵ所にあてていきます。あてる力が弱かったり、うまく読み取れない場合はガイドで表示されるので、手早く正確に測定が可能です。

新肌解析システム

 読み取りはほんの数秒で完了しました。ストレスを感じない早さです!

 肌のキメ・毛穴・シミ・色み・水分・油分などの肌状態を測定し、肌年齢を総合判定。項目ごとに状態を5段階で評価をしてくれます。

新肌解析システム 新肌解析システム
新肌解析システム 新肌解析システム

 肌の色みも判定してくれます。女性目線からみて、色みがわかると化粧品選びの参考になるので、助かります。

新肌解析システム
新肌解析システム

 スマホ向けアプリ『Skin Viewer』では、測定結果やデータの推移のグラフを自宅で気軽に閲覧することができます。

 ソニーの技術を集結させて美容業界に挑む『BeautyExplorer』は、3月中旬より美容サービス提供のパートナーに、測定機器のリース、クラウドソリューションの利用料金込みで月額1万5000円~2万円(税別)で提供予定。一般家庭向けの販売については今後の検討になるということです。

新肌解析システム

■関連サイト
Sony Japan | ニュースリリース | 肌解析システム BeautyExplorer™の運用開始
Sony Japan | ニュースリリース | 高精度で高速な肌解析技術“SSKEP”(スケップ)を開発

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking