2015年01月22日22時45分

闘会議:強豪たちの激戦を目の当たりにできる!『アーケードエリア』解剖

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 “闘会議2015”の『アーケードエリア』では、格闘ゲームトーナメントと、テトリスやダライアスなどの大会を開催。さらに来場者もプレイできるゲームスペースもあるので、見ても、遊んでも楽しめるブースだ。

アーケードエリア

アーケード

 このブースでの企画は以下の3点

●闘会議杯争奪! 格ゲートーナメント2015
●わっしょい! 闘会議Edition
●アーケードゲーム体験コーナー

闘会議杯争奪! 格ゲートーナメント2015

アーケード

日時 1月31日 10:30~17:30

 全6タイトルの格闘ゲームでトーナメントを行ない“闘会議2015”での頂点を決める企画。参加者は事前に募集済み。

 この企画に参加するタイトルは以下の6作品

・電撃文庫FIGHTING CLIMAX
・DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade
・ブレードアークス from シャイニング
・アルカナハート3 LOVEMAX SIXSTARS!!!!!!
・STREET FIGHTER III 3rd STRIKE Fight for the Future
・BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver2.01

 各ゲームのルールの詳細などはコチラ

アーケード

電撃文庫FIGHTING CLIMAX”とは
 電撃文庫から発売されているライトノベルのキャラクターが登場する格闘ゲーム。“ソードアート・オンライン”や、“灼眼のシャナ”、“とある魔術の禁書目録”さらには今アニメ放映されている“デュラララ!!”などの作品から参戦。原作の垣根を超えた対戦が楽しめる作品だ。また、SEGAから“バーチャファイター”が参戦したり、対戦時のステージ背景では“ソニック”などSEGAを代表とするゲーム画面が使用されている。

アーケード

DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade”とは
 女子高生の制服や、スクール水着など特徴的なコスチュームがあることで話題のシリーズ最新作。このシリーズでは他のゲームでもある“打撃”、“投げ”の基本攻撃に加え“ホールド”という掴み技が存在。相手の次の行動を読みきってホールドを発動するので、他のゲームには無い試合展開になる。

アーケード

ブレードアークス from シャイニング”とは
 ファンタジーRPG“シャイニング・シリーズ”の格闘ゲーム。歴代のシャイニング・シリーズからキャラクターが参戦しているだけでなく。新キャラクターも参戦。今回の企画に参加する“板橋ザンギエフ”などが制作協力した格闘ゲーム。また、キャラクターボイスに“釘宮理恵”や“水樹奈々”など有名声優を起用している。

アーケード

アルカナハート3 LOVEMAX SIXSTARS!!!!!!”とは
 キャラクターが全て美少女!これに尽きる作品の最新作。ほとんどの美少女は15歳未満という設定。“ホーミング”という相手の場所まで移動する珍しいシステムも特徴的。ホーミングは攻撃手段、防御手段にも使われるので間合いを意識した対戦時の立ち回りに注目するといいだろう。

アーケード

STREET FIGHTER III 3rd STRIKE Fight for the Future”とは
 ストリートファイターシリーズの第3作目。稼働開始から10年以上たった現在でも根強い支持を受けている作品。3rdを象徴とするシステムといえば“ブロッキング”。相手の攻撃が当たる直前に特定の方向へレバーを入れることでダメージを無くすことのできるテクニック。通常の“ガード”だけでなく、このブロッキングのシステムもあることでこの作品では対戦時の読み合いがより高まった。

アーケード

BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver2.01”とは
 アークシステムワークスのゲームは他の会社よりも攻撃を続ける“コンボ”が重要だが、その中でもこのブレイブルーシリーズはより重視されている。キャラが倒れた時の“ダウン状態”でも攻撃を当て続けたり、空中に浮かして攻撃(エリアル)をしたりと、コンボが続くにつれて観戦していてもヒートアップする見ていても爽快感あふれる作品だ。

 このトーナメントの各ゲーム優勝者にはトロフィーが贈られるほか、“電撃文庫FIGHTING CLIMAX”、“DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade”、“ブレードアークス from シャイニング”の優勝者は2015年2月より全国各地で開催するアーケードゲーム全国大会の“決勝参加権”も贈られる。

出演者
闇マ/セクシー齋藤/コーリー(郡正夫)/板橋ザンギエフ/神園/たいへー

わっしょい! 闘会議Edition

日時 2月1日 11:00~15:35(途中休憩有り)

 テトリスやダライアス外伝などのアーケードゲームを“日本一、いや、世界一の腕を持つと言っても過言ではないアーケードゲーマー”たちがプレイする企画。
 この企画に参加するタイトルは以下の4作品

・ダライアス外伝 EXTRA VERSION
・怒首領蜂大往生
・テトリス ザ・グランドマスター 3 -Terror Instinct-
・クリムゾンクローバー for NESiCAxLive

ダライアス外伝 EXTRA VERSION”とは
 1994年に稼働開始となったシューティングゲーム“ダライアス外伝”のEXTRA VERSION。“ダライアス外伝”との最大の違いは流通数と難易度。特に難易度に関してはステージの構成や敵の攻撃などに変更があるなど慣れていないと手がつけられない。現在では稼働数が少ないので初めて見る人も多いだろう。

テトリス ザ・グランドマスター 3 -Terror Instinct-”とは
 アーケード版テトリスで、通称“世界基準”や“ワールドルール”と呼ばれるものに準拠した作品。落ちてくるブロック一時的に保存する“ホールド”や、次に落ちてくるブロックの表示が3個になったりと、国内外で多くの展開があるテトリスシリーズの正式ガイドラインに準拠した作品。目にも留まらぬ早さでブロックが落ちてくるので反射神経も必要になるゲームだ。

クリムゾンクローバー for NESiCAxLive”とは
 先にPC版が発売され、その後、アーケード化されたシューティングゲーム。弾幕を避けつつ攻撃する“弾幕シューティング”のひとつ。“ロックオンシュート”という敵をロックして攻撃する技を使って敵を倒すと、敵付近の攻撃も消えるのでこれをうまく使うのが攻略のカギだ。

出演者
セラチェン春山/ISO/KAN/えび店長/山田太郎/fufufu/SOGO/jin8/豆大福

アーケードゲーム体験コーナー
 稼働前の新作ゲームから、定番の音楽ゲームを試遊できるコーナー。ここで試遊することでこのエリアの勲章をゲットできる。
 試遊できるゲームは以下の3作品

・ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-
・グルーヴコースター 2 ヘヴンリーフェスティバル
・maimai ORANGE

ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-”とは
 ニトロプラス作品のヒロインが参戦する格闘ゲーム。2015年稼働予定。

アーケード

グルーヴコースター 2 ヘヴンリーフェスティバル”とは
 スマートフォン向けゲームとして有名な音楽ゲームのアーケード版。通称“グルコス”

maimai ORANGE”とは
 リングをタイミングよくタップするSEGAの音楽ゲーム。

(C)SEGA
(C)2014 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
(C)コーエーテクモゲームス
(C)
EXAMU inc.
(C)CAPCOM U.S.A., INC. 1999, 2011 ALL RIGHTS RESERVED.

(C)ARC SYSTEM WORKS
(C)TAITO CORPORATION 2015 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)ATLUS
(C)Nitroplus

■関連サイト
闘会議2015 公式サイト
電撃文庫FIGHTING CLIMAX 公式サイト
DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade 公式サイト
ブレードアークス from シャイニング 公式サイト
アルカナハート3 LOVEMAX SIXSTARS!!!!!! 公式サイト
STREET FIGHTER III 3rd STRIKE Fight for the Future 公式サイト
BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver2.01 公式サイト

ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル- 公式サイト
グルーヴコースター 2 ヘヴンリーフェスティバル 公式サイト
maimai ORANGE 公式サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking