2015年01月01日14時00分

秘密基地気分たっぷり! シューティングレンジ併設 エアガンファンのバー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ネットで話題のサービスや事件、ツイートしている中の人を直撃する週アスの好評連載『中の人特捜部』──今回は東京・町田市にあるエアガンのシューティングレンジを併設した酒と銃が同時に楽しめるバーに、腕試しに体験取材を敢行だ。

1010nakanohito

↑店内には奥行きは最大約8メートルほどのシューティングレンジがある。採点機能付きのターゲットやぶら下がった空き缶が並んでいる。

 

コンクリートむき出しで隠れ家感を高める

 JR町田駅を出て歩くこと数分。ちょっと裏通りに入ったあたりのビルに『MACHIDA SEALs』(マチダシールズ)というバーがある。

 外観は普通の建物だが、店内に足を踏み入れると印象は一変。打ちっ放しのコンクリートの壁、無造作に配置されたドラム缶、そしてバーカウンターがあることで店内は、秘密基地や隠れ家といった雰囲気を漂わせている。また、店内の一角にはエアガンが並べられたショーケース。さらに金網で区切られた先に、この店の目玉とも言えるエアガン用のシューティングレンジが設置されているのだ。

 この雰囲気は“狙ったもの”と店長の仲村さんは語る。

「店舗を内覧したとき、このコンクリートがむき出し、打ちっ放し状態だったんです。天井も配管が見えている状態でした。それを見て、かっこいいしこのままでいいんじゃないかな、と。イメージ的には廃墟ですね。真冬はちょっと寒いかもしれませんが(笑)」

 確かに廃墟に隠れ家をつくったような店内に入ると、アクション映画の主人公になった気分だ。

今週の捜査対象

1010nakanohito

MACHIDA SEALs店長
仲村勇人

サバイバルゲーム仲間といつも集まっていたお店のオーナーさんに声をかけられ、接骨院勤務からMACHIDASE A Ls の店長へ転身。

 

飲む、撃つ、買う──三拍子そろうシューティングバー

ハードボイルドな雰囲気漂う店内

1010nakanohito

↑コンクリートむき出しの店内とドラム缶、バーカウンターが廃墟に仮設されたアジトの雰囲気をかもし出している。ちなみにドラム缶は、立食時のテーブルとして使われる。
 

店内に併設されているエアガン販売ブース

1010nakanohito

↑メインのショーケースには、ハンドガンやライフルに加えて、売り物ではなく展示のみのものだが、ロケットランチャーも置いている。
 

1010nakanohito

↑大手ガンショップ、サンコー元従業員の梶田さんによる手作業で、こだわりカスタマイズに対応。世界にひとつだけの銃のオーダーも可能だ。
 

ロケットランチャーや例のバイオリンケースも展示

1010nakanohito

↑ロケットランチャーは散弾のようにBB弾を射出する。レンタルで1回1000円とちょっとお高いが、一度は撃ってみたいものだ。
 

1010nakanohito

↑ツイッターに写真をアップしたところ、リツイートされまくったというバイオリンケース。ケース内にはもちろん『FN P90』マシンガンが。

週刊アスキーで全部読めます!
2014年12月22日発売の週刊アスキー1/6-13合併号(No.1010)では、エアガンや銃が好きな仲間が集うお店の特徴や、ショップ主催のいサバイバルゲームイベントなどについても紹介しています。

■関連サイト
MACHIDA SEALs(マチダシールズ)

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking